Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« July 23, 2006 - July 29, 2006 | Main | August 6, 2006 - August 12, 2006 »

こういうものを見るとTBSに電話をしてみたくなる

民主党のニセメール問題がありましたが、またまた、本物?偽者?という文書がネットに登場。
亀田・ランダエダ戦 抗議電話について
本物か偽者かわからないけどいかにもありそうな話ですね。
今までテレビ局に抗議電話ってかけたことなかったけど、試しにかけてみたくなります。
○電話を受けた際はまず相手に話したいだけはなさせる事
○その後「皆様のご意見は今後の番組制作に反映させるように真摯に受け止めさせていただきます」とだけ答え、けっして謝罪しない。
○なるべく神妙な態度を装う事
○5分以上相手が電話を切らない場合、「ごもっともです」「左様でございます」と相手の気持ちが和らぐ言葉使いを徹底する事
などなどなど・・・
土日は電話要員が少なくて留守番電話になるらしいから月曜日にでもかけてみようかしら?
本物か偽者かわからないけどこんな文書が出回ったら常套文句が使いにくくなってTBSはやりにくいですよね。

ワイドショーで「TBSに電話が繫がらないから・・」と他局へ抗議電話をかけている人がいるそうで笑ってしまいましたわ。
他局へかけるより亀田のパンツにロゴを入れていた「BOSS」や亀田をCMに使っている「明治製菓」へ抗議電話をかけるほうが効果的だと思いますよ。
「STOPや!レジ袋」のキャッチフレーズでキャンペーンキャラクターに亀田を使っている環境省へ「あんな卑怯者にかっこ悪いなんて言われたくない」と抗議電話をかけるってのも面白いかも。

亀田効果でさるさる日記の一位の座をきっこ姐さんに奪われ続けていたうどん屋さんだけど久々に21万ヒットでトップに踊りましたね。
喜んだのもつかの間元マネージャーが紳介を訴えるそうです。。PTSDね~。
この人がPTSDって言うなら極楽山本と淫行した少女こそ「PTSDだ」って訴えられそうですね。
警察への供述と週刊誌へベラベラしゃべった内容が微妙に違う事で供述の信憑性が疑われて山本のレイプ起訴はなくなりそうなので、腹いせに今度はPTSDで民事裁判起こしますか?

おカネを焼くっていう神経がわからない

岐阜県、裏金4億6600万円 94年当時、全組織で
処分に困った500万円を焼却処分にしたりゴミに交ぜて捨てたそうじゃないですか?
おカネを焼いて処分しようという神経がわかりません。
賄賂に使って報告できないから焼いたことにしたのかしら?
もうこれは徹底的に調査する事を希望します。

疑惑の亀田判定の波紋は今日も続いてます。
TBSと他の局でこれが同じ試合かって思う位ビデオ映像が違うのが笑っちゃいます。
あんなヘロヘロ試合でもいいとこだけ繋ぐと好勝負に見えるようになるのね。
冤罪を防ぐ為に検察の取調べでビデオ録画が試行されるそうだけど、検察側の都合のいい部分だけ編集して裁判に使われるんじゃかえって逆効果ですよね。
「取調べの可視化」実現に向けての決議

世紀の八百長試合

昨日の亀田興起の世界タイトルマッチにはビックリでした。
ど素人の私が見てもわかる「亀田の負け」なのに判定は亀田勝利。
TBSからたっぷりお金を貰って超亀田贔屓の解説をしていた畑山・竹原までも10回以降は「よくがんばりました。まだ若いから次に期待しましょう」モードだったのに、まさかまさかの亀田勝利。
今回のジャッジはいくらTBSから貰ったんでしょう?
ボクシングでもホームアドバンテージがあるってのは知ってますよ。でもこれはホームアドバンテージを超えてますよ。
こんな試合子供達に見せられませんよ。
TBSはこんな勝利でも日本人が勝って「やったー!!」って喜ぶと思ってるんでしょうか?

後半明らかにランダエダが手抜き(好意的に解釈してもラッキーパンチを貰わないように慎重な試合運び)をしても立ってるのがやっとの状態。
判定勝ちしてもランダエダはおカネを貰ってKO勝ちしないようにした。って言われても仕方の無いような試合内容だったのに判定勝ちとはね・・・
これは日本の恥です。

亀田が本当に才能のある選手なら今回は負けの判定を出したほうが彼のためだった。
これで亀田は1時間半の間に「ヒーロー」から「ヒール(悪役)」にすべり落ちてしまった。
沢山あったCMのオファーも疑惑の判定でダーティイメージを嫌った企業が躊躇しているという。

次の防衛戦は日本でやったとしても観客が見たいのは亀田の勝利でなく、卑怯者の亀田がボコボコに殴られてノックアウトされる姿だ。
場所は日本でも亀田は超アウエーの中で闘わなくてはいけない。
外国の人々にブーイングされるよりも数段キツイ戦いになるだろう。

プール事故

プール事故 管理委託会社が監視員募集など下請けに丸投げ
何だか最近こういう事故が多いような気がします。
港区のエレベーター事故も競争入札で安いからとシンドラーエレベーターを導入し、おまけに管理も競争入札で当初の3分の1以下という低価格で管理。
あげくに技術力の低いサービスマンが管理して大事故に・・・

今度のプール事故も「何のふたかわからなかった」って・・・
「何のふたか分からなかった」女児死亡のプール監視員

物価は安いほうがいいけど、安全確保や次世代の育成をないがしろにした景気回復はどこかでしっぺ返しを受けるような気がする。

ガソリン高いですね。
原油が上がると各方面に影響大きいんですよね。
ガソリンが上がって物価が上がっても政府は「デフレ克服」なんて言うんでしょうか?
物価が上がって景気が後退するスタグフレーションになることが心配です。

偽装請負

労働者派遣法などに抵触 偽装請負とは?
「偽装請負」労働が製造業で横行 実質派遣、簡単にクビ
生活費数万円、突然の解雇予告 偽装請負のメーカー工場

メーカーが他社の労働者を指揮命令して使うには、労働者派遣法に基づいて使用者責任や労働安全上の義務を負う派遣契約を結ぶ必要があるが、こうした責任・義務を負わずに済む請負契約で請負労働者を使う「偽装」の事例が後を絶たない。
朝日新聞が「偽装請負」について力を入れているようです。難しい事はよくわからないんだけど「パート」「アルバイト」「派遣」などの非正規雇用問題がクローズアップされて色々と労働条件に規制がかかるようになったので、「請負」や「業務委託」などの雇用形態にするのが増えているらしい。
派遣された社員に工場の社員が指揮するのは違法になるから、工場から派遣会社に出向社員の形で出して、その出向社員が派遣社員を指揮するという「偽装請負」逃れともいえる手法もあるそうだ。
先日見た「ワーキングプア」の中でも30代のホームレス男性はさまざまな工場を派遣で渡り歩いていたわね。
そして30代になると仕事も無くなりホームレスへ・・・

工場が海外に移転して国内産業が空洞化してしまうのは困る。
でも若い人が使い捨ての労働力にされるのは優秀な労働者が育たず、将来しっぺ返しを受ける。
収入が少なければ支出も抑えざるを得ないから国内の消費も先細りになる。

この問題は国民全体で考えなくてはいけないと思います。

ヘルプマン

ヘルプマン!(6(介護支援専門員編))
BK1で3000円以上買うと500円引きになるギフト券を貰ったので6巻まとめて購入。
あっというまに一気読み。
実は主人の母が話題の「要介護1」から「要支援」へ・・・のパターンになりそうなんです。
そういう事もあって、5・6巻の「介護支援専門員編」はかじりつくように読んでしまいました。
介護支援専門員というよりケアマネージャーという名前の方が聞いた事のある人が多いのではないでしょうか?
介護保険が上手く使えるも使えないもすべてはケアマネ次第と言われる程、重要な職業だけどその実態は・・・
ケアマネはケアプランを立ててなんぼ・・電話一本で5分ですませても何度足を運んで残業しても報酬は一律8500円。
サービス利用をしない人の分の報酬は0
タダ働きでも足を運ばないわけにはいかないがのんびり相手をしていられない。

「十人十色の人生を背負っている百人百様のジジババを現場も知らないバカ役人が考えたできたてホヤホヤの介護保険に押し込められると思っているのか!!」
『在宅でたったひとりを介護するのに家族ぐるみで協力しなければできないものを今の人数じゃおむつを替えるのが精一杯」
「はした金をばらまいて上っ面をつくろっておけば事足れリと思っている国には心底腹立つ」

介護保険をビジネスチャンスにしようとする企業の裏側なども描かれています。

介護現場で働く人の給与などもリアルに描かれていて、これだけ精神的・肉体的にキツイ労働をして彼らより多くの年金を貰っている高齢者がたくさんいて、元気なうちは優雅に旅行三昧・体が動かなくなったら就職難でキツイ労働条件の介護現場に入ってきた若者頼り・・・てのはやっぱり矛盾を感じます。

生活保護を断られて孤独死

昨日のつながるテレビ@ヒューマンの特集、「北九州の孤独死」は衝撃的でした。
衰弱知りながら給水停止・保護申請断る 障害者が孤独死

北九州市門司区の市営団地で5月、独り暮らしの身体障害者の男性(当時56)が、ミイラ化した遺体で見つかる事件があった。この事件で、北九州市が、男性が脱水症状で衰弱していたのを昨年9月に把握しながら給水停止を続け、病院に入院させるなどの措置も取っていなかったことが分かった。男性が生活保護を申請しようとしたのに対しても、相談段階で断っていた。
 門司区役所の内部文書や、関係者の証言を総合すると、最初に異変に気づいたのは、団地を管理する市住宅供給公社の職員。家賃滞納が続いたため、昨年9月28日に訪問したところ、男性が床をはって出てきた。水道は9月14日、電気とガスはその前から止められていた。職員は市水道局に「男性が衰弱し、脱水状態にある」と連絡した。
 市水道局は9月30日、男性の状況を区役所に知らせたが、水は止めたままだった。近くの住民は、男性が公園で水をくんでいる姿をたびたび目撃している。
 区役所はその日のうちに、ケースワーカーと保健師を男性宅に派遣。男性は「生活保護を申請したい」と伝えた。だが、区役所は即座に保護を開始できる「職権保護」を適用しなかった。市内に住む次男から食料の差し入れがあるとして、「生死にかかわる状況ではない」と判断したからだ。
 実際には、コンビニエンスストアで働く次男が数日に1回、食パンやおにぎりを持ってくる程度だった。男性は妻と離婚しており、息子たちとの関係は複雑だった。
 男性は12月6日、区役所の保護課を訪問。「次男からの援助も途切れる。体も弱っており、保護をお願いしたい」と話した。しかし保護課は、長男が7月分と8月分の家賃を支払ったことを理由に、長男と話し合うことを求めて帰宅させた。それ以降、男性からの接触は途絶えた。
 男性は5月23日、布団の中でミイラ化している状態で見つかった。司法解剖の結果、1月下旬に死亡したとみられる。
 団地の町内会役員は「男性のやせ衰えた姿を見れば、誰もが生活保護が必要だと思った。しゃくし定規な考えが、男性を死に追いやった」と話している。
このニュース知りませんでした。
なぜワイドショーは延々と秋田連続児童殺傷事件ばかりやっていて、この事件を報道しないんでしょう?
これこそ大問題じゃないですか?
申請用紙さえ渡していないって・・・それじゃ何の為の福祉事務所なの?
北九州市では生活保護の申請を窓口で受け付けない「申請権侵害」が恒常化しているって話もあるし。
この男性は北九州市に殺されたも同然でしょ。
京都の介護殺人も週刊誌が大々的に報じなければテレビはスルーだったっていうし。
介護と生活苦で親を殺しちゃう事件って全国的にいっぱい起こってるんですよね。先日も地方版に似たような介護殺人の記事が載っていたし。
@ヒューマンでもブログで話題のキーワードに「生活保護水準以下」がなったて放送してましたわ。
まあ、これはNHK特集がネタ元なんで我田引水の部分もあると思いますが、格差社会に不安を感じてる人って多いんだと思いますよ。

« July 23, 2006 - July 29, 2006 | Main | August 6, 2006 - August 12, 2006 »

お気に入り











June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資