Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« January 1, 2006 - January 7, 2006 | Main | January 15, 2006 - January 21, 2006 »

リネンのテーブルクロス

ついに登場☆ぬくもり工房の幅広リネン麻生地
テーブルクロスが汚れてきたので、リネン生地を買ってテーブルクロスを作りました。
やっぱり天然素材は質感がいいですね。
テーブルがワンランク高級になったような気分になります。

高品質なのにリーズナブルな値段なので助かりました。

日本の高学費をどうするか

日本の高学費をどうするか
図書館でこんなタイトルを見たら思わず手にとってしまいました。
なかなか読み応えのありそうな難しそうな本です。

出産無料化を検討、少子対策で政府

政府は12日、少子化対策の一環として、入院を含めた出産費用全額を国が負担する「出産無料化」制度導入の検討に着手した。
 若年夫婦などの経済負担を軽減することで、少子化に歯止めをかけるのが狙いだ。6月に閣議決定する「経済財政運営と構造改革に関する基本方針」(骨太の方針)に盛り込むことを目指す。
 政府の少子化対策は、〈1〉働く女性が出産後も社会復帰しやすい環境作り〈2〉出産や育児などの経済的負担の軽減――の2点が大きな柱となっている。出産無料化は、経済的負担軽減の目玉というべきもので、若年夫婦などが出産しやすい環境を整えるのが目的だ

確かに出産に費用がかかりすぎるのは問題だけど、出産費用を国費で持つようにしたところで、出生率があがるとは思えません。

今だって出産数が減って生き残りに必死な産婦人科業界ではホテルのような設備とサービスを売りにして「セレブ出産」病院があるらしい(マスコミの報道でしってるだけだけど)。
出産費用無料化にしても「よりセレブ」な病院が出現するだけのような気がするんですけど・・・
そうかと思えば新しい研修医制度がスタートして大学病院が今まで系列病院に派遣していた医師を大学に呼び戻した為に産婦人科が廃止される地方病院が多数出てきている。そういえば家の近所の公立病院も2005年に産婦人科の出産取り扱いを止めるってお知らせが貼ってあったわ。
国の提案する「少子化対策」って「子供を産める恵まれた環境の人の子供の数を一人から二人、二人から三人に増やす政策」って感じなんですよね。
今、出産適齢期の人達に「出産費用を援助しますよ。育児手当を出しますよ」って言って、子供を産んでもらうのも大事かもしれないけど、産んでもその後莫大な費用がかかる事がわかっていたら産みたくても産めないわよね。
今子供を産むのは経済的に不安のない恵まれた人か、何も考えないでできちゃった婚で生む人に二極化しているような気がするんです。

働く女性が出産後に働きやすい環境を作る事や、出産・育児の経済的負担の軽減も大切だけど、その前に「子供どころか結婚もできない。結婚どころか恋愛もできない」
格差拡大縦並び社会で夢も希望も持てない若者を何とかするのが大切だと思うんですけどね。

縦並び社会・格差の現場から:やり直すために

ハードワーク 低賃金で働くということ

ハードワーク

私は・・・最低賃金よりわずかに高い所得で暮そうと試みた日々を振り返った・・・
懐に余裕がないため、あらゆる行動が制限された。
どこを歩き、どんな建物の前を通り過ぎても、すべてが境界線の向こうにある。スターバックスのソファが私を誘ってくることもないし、本屋やレストランはもちろん、街角の小さなカフェでさえ私にとっては存在しない。
世間並みの楽しみを与えてくれるあらゆる場所に「立ち入り禁止」の大看板がかかっているようなものだ。
他のすべての人達が生きている消費社会への「立ち入り禁止」
過酷なアパルトヘイトだ。

「過酷なアパルトヘイト」的を得た言葉だと思います。
構造改革。財政再建の名の元に「正社員」を「非正規雇用」に変えて経費節減を図っていいものかを考える必要を感じます。
気のめいる話ばかりの中に工員の賃金を大幅にアップさせる事により工員の士気が上がり少ない人員でより多くの成果を出したユニリーバ向上の話は参考になると思います。

神奈川労連青年部が毎年実施している「最低賃金生活体験」は考えさせられます。

先日年金問題を識者と討論する番組で、タレントの大竹まことが「20歳で東京に出てきて一人暮らしをしている若者に13000円の年金は払いたくても払えない!!」と言ったところ、小泉チルドレンの片山さつきが「低所得者には免除や軽減措置がありますけど・・」と言った。
大竹まことが「そんな事を言ってるんじゃない。20歳で就職して東京で一人暮らしをしていたら13000円の年金保険料は払えないと言っているんだ!!」とまくしたてたが、片山さつきには意味がわからないようでした。
こういう人達が政策立案しているのかと思うと気が重くなりました。

西遊記

西遊記(1(天の巻))

慎吾「西遊記」初回29.2% 90年以降民放連ドラ歴代6位
フジテレビの西遊記がロケットスタートを切ったようです。
深津絵里の三蔵法師、内村光良の沙悟浄、伊藤敦史の猪八戒も良かったです。
慎吾ちゃんのゴクウも腕白坊主みたいでこれからが楽しみです。
難を言えばゴクウが猪八戒より太っているのが・・・

でも私の年代はやっぱり日本テレビの西遊記なんですよね。
孫悟空=堺正章 三蔵法師=夏目雅子 猪八戒=西田敏行 沙悟浄=岸部シロー
ゴダイゴの音楽も良かったです。
最近は英語の歌詞の歌も増えたけど、ゴダイゴの英語詞は当時としては出色でした。

上に紹介した理論社から出ている西遊記は斉藤洋さんが訳した本。
三蔵法師と出会う前のハチャメチャなゴクウから物語が始まっています。

誰も書かなかった厚生省

誰も書かなかった厚生省
年金と医療・介護の保険制度は今もっとも国民の関心の高い問題だと言えるでしょう。
なぜこれほどまでに問題が山積みになってしまったのか?
半世紀にわたって厚生省を見てきた著者だから書ける厚生省の記録。

「日本は共産国家か」と諸外国にビックリされたという国民皆保険・国民皆年金制度も、もはや風前の灯。
諸問題はあるけれど、日本が豊かになったのは皆保険に入っていて安心して生活できたから一生懸命働いたというのも大きいと思う。

内容は難しい部分も多いけど参考になる本です。

ハードワーク 低賃金で働くということ

ハードワーク
読了
数年後の日本を見ているようで気分が暗くなりました。
サッチャー改革で単純労働は人材派遣会社に委託されるようになり、会社の間の契約に縛られ、契約に無い事は出来ない・してはいけない。
目の前で小柄な看護師が患者さんを車椅子に苦労して移動させようとしているのを見てもポーターは手を出してはいけない。
ほんの少し教育をすれば効率化するのに、低賃金労働者はそのままにされる。

今の日本の若者も一握りの正社員と多くの非正規雇用のルーティンワーカーになりつつあります。
かろうじて反乱が起きないのは、親世代・祖父母世代に一億層中流時代の貯金があるから。
でもあと10年たって貯金がなくなったらどうなるんでしょう?

« January 1, 2006 - January 7, 2006 | Main | January 15, 2006 - January 21, 2006 »

お気に入り











June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資