Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« リサイクルBOOKエイド | Main | 高校生も宣伝が上手 »

子猫殺し

「子猫殺し」に抗議殺到=坂東眞砂子さんがコラムで告白

直木賞作家の坂東眞砂子さん(48)=仏領タヒチ在住=が、「子猫を殺している」と告白した日本経済新聞のコラムをめぐり、同社に抗議が殺到していることが24日、分かった。
 コラムは、同紙18日付夕刊に「子猫殺し」のタイトルで掲載された。飼い猫が産んだ子猫を、野良猫にしないため自宅の隣のがけの下に投げ落としていると告白。人間には他の生き物に避妊手術をする権利も、生まれた子を殺す権利もないとした上で、「猫の『生』の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した」と書いた。
日本経済新聞なんて高尚な新聞はとってないからこのコラムについては「きっこの日記」で知りました。
「きっこの日記」で読む限り気持ち悪い文章だし、この作家の考え方はどうかと思うけど雪崩を打ったように日本経済新聞に抗議をする人が殺到する風潮には怖いものを感じてしまいます。
これはやっぱり「イラク日本人人質事件」を思い出してしまうからでしょう。
ブッシュに忠誠を示すために政府は被害者のプライバシーをリークして「自作自演」を臭わせた。一部の人間が政府に乗っかって強烈な人質バッシングが起こった。あの当時に人質の人達を擁護するようなことを言うのは勇気のいる行動でした。
「自己責任」という言葉が歩き出したのもこの事件以後だったような気がします。

亀田の批判に対してTBSが対策会社を使って情報操作をしているしていないという噂がありますが、ネットは匿名社会だけに巧妙な情報操作が行なわれたら怖いと思います。

流行に流されず自分自身のしっかりとした考えを持つ必要を感じます。

子猫殺しについては昔は育てきれない犬や猫を川に流した。捨て犬・捨て猫を子供が拾ってきた。なんて話が山ほどあって、犬や猫を殺す・捨てるっていうのもごく普通に見られた光景でした。
坂東さんの文章は気持ち悪いし、こんな文章を一般紙に載せる日本経済新聞の編集者のセンスはどうかと思うけど、「子供が生まれない」のが当たり前のペットしか飼っていない今の子供達ってどうなんだろうって気持ちもあるんですよね。
テレビゲームと同じヴァーチャルなものを感じてしまうんです。
このコラムを読んで「生」についてちょっと考えちゃいました。
そういう事を考えて欲しくて編集者はこのコラムを採用したんでしょうけど、やっぱり気持ち悪いわよね。

« リサイクルBOOKエイド | Main | 高校生も宣伝が上手 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33890/11597078

Listed below are links to weblogs that reference 子猫殺し:

« リサイクルBOOKエイド | Main | 高校生も宣伝が上手 »

お気に入り











October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資