Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« 知事 市長の退職金は高すぎ? | Main | 弁護士のくず »

「完璧」はなぜ「完ぺき」と書くのか

「完璧」はなぜ「完ぺき」と書くのか
最近は少しずつ少なくなってきたけど、やっぱり交ぜ書きって読みにくいですよね。
なぜ見苦しい交ぜ書きが生まれたのかって本。
「彼は語いが豊富」って書いてあったら「かたらい」って読んじゃいます。「ごい(語彙)」って読む人何人いるでしょう?
「独擅場」って「どくだんじょう」って読んでました。正解は「どくせんじょう」
「壇」の字を「壇」と間違えたのが現在は一般的に用いられているそうです。
「壇」は「花壇」の「教壇」の壇で常用漢字なのでそのまま使えるのでマスコミでも重宝だったのでしょうね。
トリビア。ヘエ~!!!

« 知事 市長の退職金は高すぎ? | Main | 弁護士のくず »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33890/10021816

Listed below are links to weblogs that reference 「完璧」はなぜ「完ぺき」と書くのか:

« 知事 市長の退職金は高すぎ? | Main | 弁護士のくず »

お気に入り











May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資