Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« 誰も寝てはならぬ | Main | 染力110 »

高学歴ノーリターン


14年間中央官庁に勤めた勤務した著者が努力してブランド大学に入ったものの「何か報われない」と感じている「さえない高学歴者」が増えている現代の社会に警鐘を鳴らす。

著者の中野雅至さんは1964年生まれだそうだから現在40代前半(それにしちゃみごとな禿げっぷり)。
今の40代・50代前半の世代が一番「報われていない」って感じている世代じゃないかしら。
読んでいて「なるほど」と感じる部分が多かった。
でも題名の「高学歴ノーリターン」は光文社お得意の「売らんかな」題名のような気がします。
高学歴でも「ノーリターン」になっちゃうのはボンボン高学歴者の方のような気がする。
中産階級の出身で親が一生懸命学費を工面して一流大学を卒業したような人は親の苦労を見ているから、悪くてもある程度の会社の正社員になる真面目な人だと思う。
真面目な故に高学歴を得るために費やした費用や努力に見合わない長時間労働・非効率な労働・お金持ちの高齢者の為の高い社会保障費・税金を搾取されても黙々と働き続ける。
投資した割りには見返りが少ない「高学歴ローリターン」って感じだと思う。

それでも「ニートや派遣社員よりホワイトカラー正社員になれただけでも勝ち組」
って江戸時代に士農工商の下に被差別民族を作って「水のみ百姓でも被差別民よりマシだろ」ってのと同じじゃないかって気がしてくる。

中央省庁の内情は読んでいて面白かったです。
「東大法学部卒」があたりまえで「君は学校はどこ?」って言うのは大学じゃなくて「高校・中学校」もしくは「中学受験塾」っていうのは背筋が寒い思いがしました。
厚生労働省のキャリア官僚の出身高校が上位13校で25%も占めるってのはやっぱり異常。(開成・ラサール・筑駒・麻布・学芸附属・灘・栄光学園・洛星・愛知東海・熊本・久留米大附設・桜蔭・慶應)

昨日の「週刊人物ライブスタメン」は中学受験塾「希学園」の前田卓郎学園長。
「難関中学を目指す者を対象とするスーパーエリート塾」と銘打つ強烈なキャラクターのカリスマ学園長。
「3年間丁寧に面倒を見る」が売りなので入塾できるのは小学3・4年生のみ。
小学4年からこういう教育を受けている子供が日本の将来を動かすのかと思うと暗澹とした気持ちになってきます。

生活保護100万世帯に、勤労世代も増加

仕送り減り奨学金頼み?大学生の受給額が過去最高

小学校の頃からスーパーエリート教育を受けてきた子供達にはこういう弱者側の気持ちってわからないんだろうな。

« 誰も寝てはならぬ | Main | 染力110 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33890/8857868

Listed below are links to weblogs that reference 高学歴ノーリターン:

» 「高学歴ノーリターン」中野 雅至/著 [スチャラカランナーの日々]
 「高学歴ノーリターン」中野 雅至/著読みました。著者は同志社大学卒業後、地方公務員を務め、国家公務員試験を受けて官僚(厚労省)になり、現在は兵庫県立大学で助教授を務めているそうです。1964年生まれということですので私とほぼ同じ世代ということになります。  まずこの本で語られる高学歴というのは基本的には高学校歴と言い換えた方がより的確にその意味合いが伝わるのではないかと思います。東大に象徴される難関大学を卒業した�... [Read More]

« 誰も寝てはならぬ | Main | 染力110 »

お気に入り











November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資