Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« November 20, 2005 - November 26, 2005 | Main | December 4, 2005 - December 10, 2005 »

貧乏キモメン

11月の「朝まで生テレビ」のテーマは「少子化の何が悪い!
番組は見ていなかったのですが、森永卓郎さんのblogを見ると、森永先生また面白い事を言っていたようです。

*貧乏なキモオタは女性にまったく相手にさえされない
*金儲けも恋愛もゲームと化し、両ゲームの敗者=『金のないキモメン』が二次元世界に救いを求めている
*産みやすい環境が整っている既婚家庭の2人を3人に増やすことは格差拡大につながる
*派遣が少子化を推進し、雇用の不安定化を招いている

貧乏キモメンの非婚問題については女性パネリストに「そんな事ないですよ〜」とボコボコにされたそうですが、
森永さんが、「じゃぁ、ものすごく貧乏でキモい男と結婚できるひと手を上げてください」とおっしゃると、誰ひとり手をあげなかったそうです。

キモオタ発言はビミョ〜ですが、少子化と非婚問題は切っても切れない関係なのに育児問題に比べて真剣に討議されていないと思います。
身近なところを見回しても特に自身に問題がある訳でもなく、結婚を望んでいない訳でもない。
ただ積極的に女性にアプローチできないタイプの独身男性っていっぱいいます。
昔ならおせっかいな人が「こんな人はどう?」って話を持ってきてゴールインできたんだろうけど、今はそんな世話をやく人がいない。
これは男性だけでなく女性にも言える事。

森永さんがユニークな発言で社会に問題提起してくれるのを希望しています。

ブラザー☆ビート

「熟年離婚」の好調の陰に隠れていま一つ話題が盛り上がらない「ブラザー☆ビート」ですが、ドラマは佳境に入ってきました。
長男が知里ちゃんにとうとうプロポーズしました。
「オチは母親+イケメン3兄弟の結婚式」という予想は当たるでしょうか?

知里ちゃんの弟役の俳優さんもイケメンですね。
結婚したらイケメン4兄弟になっちゃいます。
石黒英雄君というらしいです。
小池徹平君を産んだジュノンボーイコンテスト出身だそうです。
まだ16歳。これから楽しみです。

こちらの泥仕合は大歓迎

反乱
外務官僚厚遇リスト、年間847万円!!

外務官僚の呆れた特権実態が、鈴木宗男衆院議員の質問に対する政府答弁書などで明らかになり、波紋を広げている。宗男氏は30日、復活後、初めて委員会の質問に立ち、外務官僚と直接対決したが、海外勤務を1年するだけで、サラリーマンの年収に匹敵する847万円もの手当などが支給されるというのだ。手当には首をかしげたくなる項目もあり、「海外勤務をすれば、家が一軒建つ」ともされる。政府・与党は増税路線を突き進み、国民に痛みを強いる方針だが、外務官僚の特権をこのまま野放しにしてはいけない。
自民党にいて外務省に関係していた時代に言わないで今になって言い出す所が私怨を晴らしてるみたいで鈴木宗男さんらしいです。
耐震偽造マンション問題での罪の擦り付け合い・泥仕合は見ていて不愉快だけど、こちらの泥仕合は楽しみにしています。
こういう内部告発大歓迎。
「郵政民営化なくして改革無し」と郵政民営化すれば魔法のようにすべて上手くいくと、抵抗勢力扱いされた郵政関係の皆さんも鈴木宗男さんのように知っている他の省庁の悪行をリークしませんか?

震度∞

震度0(ゼロ)
半落ちなどの作品で有名な横山秀夫さんの新作。
はっきり言って期待はずれ。
横山さんの作品の魅力はキャリアVSノンキャリアなど警察内部の人間模様なんだけど、今回の作品は登場人物が皆自分勝手。自分の保身ばかり考えている。
阪神大震災の起こった日に警察幹部が行方不明になった、事件か・事故か?
揺れる県警内部。
阪神大震災の震度は7。烈震。烈震に襲われた県警。結局は震度0。
刻々と報道される震災の被害をよそ目に自己保身しか考えない県警幹部達。
目の前に起こっている被害よりも自己保身に走る警察の体質や題名の為に地震を持ってきたみたいだけど、それだけの為に実際に多数の被害者を出した阪神大震災を使わなくてもね〜。
架空の地震や事件にしてもいいんじゃないのかしら?
県警もN県なんだし。

警察と建設業界と業種は違うけど、責任のなすりつけあいばかりしている殺人マンションの事を連想しちゃって楽しめませんでした。
ワイドショーで耐震偽造マンションにの住民の方が
「住民を避難させれば住民の生命が守れると思ったら大間違いです。
直接地震で命を落とすことは無くなるかもしれないけれど、ローンを払って新しい生活を始めるなんて不可能なんです。
それをしようとすれば過労などの理由で自殺する人が出てくるでしょう。」

本当にそのとおりだと思います。

銀行の責任

ヒューザー小嶋社長、国に“責任転嫁” 財政支援要請 なければ…「倒産も覚悟」
数々の仰天発言を繰り返すオジャマモン。今度は国へ責任転嫁ですって。
この人の言動を見ていると不動産・建築業界の暗部がほのみえます。
消費者にとっては「殺人マンション」「倫理を疑う」事だけど、この業界では当たり前の事なんじゃないかと思うと自分の家は大丈夫か?と思ってしまいます。

ヒューザー社長「5棟は改修で対応」・国交省聴取

国交省によると同社長はマンション所有者の住宅ローンについて「金融機関に90%程度を放棄してもらい、残りをヒューザーが買い取る」との計画を披露。同省が金融機関に債権放棄を指導するよう求めた。
国が公的資金導入など被害者支援策の声が上がっているようだけど、銀行は詐欺同然のマンションの為に自分の担保物件の価値が0になってしまった訳でしょう。
購入者だけが建物の価値が減った責任をかぶるのはおかしいと思うんです。
銀行は融資のプロとしてマンションを見て、「このマンションなら担保物件として十分価値がある」と思って、担保にとって融資したんだから、プロとして自分の目が間違っていた責任をとるべきだと思うんです。
大手銀6大グループ、バブル超す利益 9月中間決算
公的資金(税金)でこれだけの利益が出るほど業績が回復したんだから、オジャマモンの言う90%の債権放棄は無茶としても銀行だって「担保物件の価値が下がるリスク」はプロとして負担すべきだと思うんですよね。
ファイナンスした方の責任について素晴らしい意見を書いてらっしゃるブログを見つけました。
ファイナンスした人が責任をとれば?

悪者探しは景気悪化招く 耐震偽造問題で武部氏

武部勤幹事長は耐震強度偽造問題に関して「悪者探しに終始すると、マンション業界つぶれますよ、ばたばたと。不動産業界も参ってきますよ。景気がこれでおかしくなるほどの大きな問題です」と述べた。
そりゃ悪者探ししてほしくないですよね。
偽造見過ごしのイーホームズ、担当者全員が天下り社員
耐震偽造:イーホームズが伊藤元国土長官の元秘書に献金

Triangle

ファンの強い要望により遂にリリースが決定! 【在庫あり・即発送】【SMAP】Triangle
SMAPの新曲いい歌ですね。
ギョー界ナイショ話 レコ大本命はSMAPという情報
この曲ならSMAPのレコ大はありうる話です。
青春アミーゴが今年初のミリオンかって言われてるぐらいバカ売れなので、それ以上をSMAPは狙ってくるでしょうね。

「うたばん」「ミュージックステーション」「僕らの音楽」で歌った歌をMDにダビングしました。
ミュージックステーションの音のはずれ方は爆笑。
3つ聞き比べると現在の録音技術の素晴らしさが実感できます。

殺人マンション

姉歯氏に構造計算発注 設計事務所代表自殺 耐震強度偽造でついに犠牲者出た
今回の偽造は「手抜き」のレベルを超えた「殺人マンション」だと思っていましたが、とうとう本当に犠牲者が出てしまいました。

ヒューザー小嶋社長、最悪の言い逃れ 「阪神大震災では家がつぶれてもおとがめなかった」

マンション居住者によると説明会には67世帯すべてが出席。ヒューザー側からは「オジャマモン」がたった1人で出席したという。配布されたのはA4用紙5枚。4枚つづりの冊子の表紙には「神戸新聞」と「大震災関係データ一覧」の文字があった。
 小嶋社長はこの冊子を示し「これだけ(家が)つぶれても、どこもおとがめがなかったんですよ」と言い放ったという。たくさんの命が失われた痛ましい阪神大震災を例に挙げ、全く関係のない偽造マンション販売について「言い逃れ」ともとれる発言だった。

日本人のモラルはどこへ行ってしまったのでしょう。
住民の中にも怒りの気持ちは大きいが倒産によって補償を受けられなくなるというシナリオを危惧(きぐ)する声もあるというのが辛いです。
国や自治体にも責任があるから補償をすべきという声もあるようですが、安易に税金投入するのも考え物。
難しい問題です。
「信じられない」「リスク大きい」=買い戻し提案に疑念噴出

モラルといえば元祖カリスマ節約主婦山崎えり子さんは「35年ローンを5年で返済」も「ドイツ訪問」も「公務員」も嘘だったんですって。
出庫停止・絶版など出版界にも激震が走っているようですが当然ですね。
特に一番初めに本を出版した「飛鳥新社」の編集者のモラルにも疑問を感じてしまいますわ。
何も知らなかったとは思えません。
カリスマ主婦のデタラメ生活

山崎容疑者の経歴は「大学卒業後、公務員となり福祉関係の仕事に従事。ドイツを度々訪れた…」などとあるが、同署の調べでは「公務員になった事実もドイツを訪れた事実もない」。
また「結婚直前に夫(外崎容疑者)が交通事故に遭い、障害者となった。私に婚約指輪を贈る予定だったが購入できなくなった」とある。が「2人が出会ったのは外崎容疑者の交通事故後で、入院先の病院で偶然隣の部屋になったこと」というから、これも真っ赤なウソ。
さらに最大のウリの「35年ローンを7年で完済」も、「外崎容疑者は交通事故で障害者認定を受け、多額の補償金が入っている。静岡市の自宅は彼の所有で借金せず購入したようだ」。
経歴は「節約」どころか、ウソのてんこ盛りだったのだ。

« November 20, 2005 - November 26, 2005 | Main | December 4, 2005 - December 10, 2005 »

お気に入り











December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資