Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« October 16, 2005 - October 22, 2005 | Main | October 30, 2005 - November 5, 2005 »

萌え経済学

萌え経済学
森永さんはどこへ行こうとしているのでしょうか?
この表紙・・・・
図書館へリクエストするのも勇気がいるわ。
まあ、リクエストする時は題名と作者と出版社しか書かないから、すんなり受け取ってくれるだろうけど品物が届いたら図書館の人もびっくりするでしょうね。
本屋の人もどのコーナーに並べるか迷うんじゃないかしら?
立ち読みするにもレジに持っていくにも勇気がいる表紙だわ。
アマゾンで表紙を拡大してみると、パンツが見えそうなスカートといい、絶妙なバランスの絶対領域といいい、経済の本の表紙じゃありません。

ダイレクトメールも工夫しているのね

メンズプラザアオキからダイレクトメールが2通届きました。
1通は主人宛、もう1通は息子宛。
表を見ると同じなので気付かなかったのですが、主人宛のダイレクトメールは役所広二をイメージキャラクターにして、秋の新作半額など中高年向きの品揃え。
息子宛のダイレクトメールは新庄をイメージキャラクターにして若者向けの品揃え。
やっぱり企業は生き残りの為に顧客に合わせて工夫してるんですね。

ブラザー☆ビート

今クールの一番楽しみなドラマは「ブラザー☆ビート」になりそうです。
派手さはないけど安心して見ていられて、笑ってちょっと心が温かくなる、正統派のホームコメディ。
そういえば最近これだけ王道のホームコメディってなかったような・・・
桜井家のセットがいいですね。
最近のドラマはスポンサーとのタイアップが多いもので、普通のサラリーマンがこんな家に住んで、こんないいもん着て、ブランド品持ってるかよ!!ってのが多いのだけど、元クリーニング店という事で広さはあるけど中は庶民の家そのもの。
掃除担当の次男(速水もこみち)がすぐ家事をサボるという設定の為、家の中がゴチャゴチャしているのも親近感がわきます。(食事担当の3男(中尾明慶)がしっかりしているのでダイニングだけはスッキリしてるのも芸が細かいです)

第3話は3男が主人公。中尾明慶君はやっぱり演技上手いですね。まだ17歳。将来楽しみです。

長男は堅物でつきあいにくそうだけど、イケメンでいい大学を出ていい会社に勤めてるという設定なので、自慢の息子になりそうだし、3男は真面目に学校通って家事も上手で性格良さそう。老後は3男が一番頼りになりそう。
速水もこみち君演ずる2男は、鑑賞するにはいいけど自分の息子がああだったら嫌ですね。
などと、自分の家だったらと考えるのも楽しいです。

第一話の兄弟喧嘩のシーンでガラスを割ってしまったせいか、昨日の兄弟喧嘩シーンは迫力イマイチ。
でも実際の兄弟喧嘩はあんな風にプロレス技をかけたりするんでしょうね。
また寺内貫太郎一家ばりの兄弟喧嘩シーンが見てみたいですわ。

ロッテ日本一

ロッテが4連勝で日本一になりました。
今回の日本シリーズは大きな課題を残しました。
ロッテと阪神に点差ほど地力に違いがあったとは思えません。
阪神が大差で4連敗した原因はやはり日本シリーズまで時間が空いてしまった事が原因だと思います。
レギュラーシーズンでトップだったソフトバンクが2年連続優勝を逃したり、阪神のあまりにもふがいない連敗。
プレーオフをはじめ制度の見直しが必要だと思います。

痛くない注射針がグッドデザイン賞受賞


Gデザイン大賞 テルモの世界一細いインスリン用注射針

デザインの優れた商品・活動などに贈られる「05年度グッドデザイン大賞」(日本産業デザイン振興会主催)に25日、医療機器のテルモの世界一細いインスリン用注射針「ナノパス33」が選ばれた。東京・東向島の金属加工業、岡野工業と5年間かけて共同開発した。
 約60万人の糖尿病患者がインスリンを自分で注射する治療をしているが、テルモは痛みを和らげたいという思いで「痛くない注射針」を発案。100社以上に製作を依頼したが断られ、携帯電話の小型電池ケースなどを生産する岡野工業が開発に協力。先端わずか0.2ミリと従来品より2割も細い微細加工で、「蚊に刺された程度の痛み」しか感じない注射針を完成させた
ライブドア・村上ファンド・楽天とネット関連企業の企業買収が話題となりタカラの人生ゲームもホリエモンをパッケージにした「人生ゲームM&A」が発売されてヒルズ族がマスコミの注目を集めていますが、やっぱり今の日本を作ったのは真面目に働く人達なんだって改めて思いました。
グッドデザイン賞の審査員のコメントがいいです。
ニーズが不可能を可能に変えた一つの事例で、日本のものづくりに一石を投じた商品として、我々も高く評価している。「できないからこうなった」という言い訳型のものづくりが蔓延している製造業の風潮のなかで、患者の立場から痛みを軽減させたいというニーズを起こし、ロールと溶接という微細な加工による量産化を成し遂げた偉業を称えたい。私はデザインとはニーズに対するベストなソリューションだと考えていて、これこそが「デザイン」だと事例紹介したい一品である。
必要とされているものが一番いい商品で一番いいデザインなんですよね。
テーパーとは円錐の事。円錐のように先にいくほど針が細くなっていく構造。
ノボノルディスクファーマー社が05年2月に世界初テーパー型注射針・32Gテーパをプレスリリースしてテルモの世界初ダブルテーパー型ナノパス33が5月。(数字が大きい方が細い。予防接種に使われる針の太さが27ゲージ)
この世界も開発競争が厳しいようです。

大阪市内は2700人態勢 千葉ロッテ“王手”で警備

プロ野球・日本シリーズで千葉ロッテマリーンズが日本一に王手をかけたことを受け、大阪府警警備部は26日、警備本部を設置。ミナミやキタなど混乱が予想される大阪市内を、リーグ優勝時より200人多い2700人態勢で警備する。
地元だからロッテに勝って欲しいけど、10点・10点・10点・・ってナディア・コマネチ(古!)みたいな点数でストレート勝ちしちゃったら大阪で暴動がおきちゃうんじゃないかしら?
今日は阪神に意地を見せてほしいです。

サラリーマン増税はしないと2ヶ月前には言っていたのに・・・

消費税率、10%以上不可避 自民党の財政改革案

自民党の財政改革研究会(会長・与謝野馨政調会長)は24日、消費税収の全額を年金、医療、介護を中心とする社会保障費の国・地方合わせた公費負担分に充てる福祉目的税とすべきだとする中間報告を取りまとめた。公費負担をすべて賄うには消費税の税率を10%以上に引き上げることが必要で、財政再建に向け大幅な増税路線を打ち出したものだ。
政府が来年半ばをめどにまとめる歳出・歳入一体改革案に向け地ならしを図るとともに、財政再建に真正面から取り組む決意を示す狙いだが、先の衆院選の政権公約(マニフェスト)には盛り込まれておらず、野党などの反発は必至だ。
総選挙の時には自民党のHPで武部幹事長が「サラリーマン増税はしない」と断言していたはずなんですけど、舌のねもかわかないうちにもう「増税路線」ですか。

1世帯負担は年2100円 環境税案発表
定率減税廃止・消費税アップ・環境税など新税創設。
庶民の暮らしはどうなっていくんでしょう。

野ブタ。をプロデュース


ドラマに興味を持ったので図書館で借りてきました。
う〜ん、文芸賞受賞作は納得だけど、これが芥川賞候補作?
「暑すぎず、寒すぎない、丁度良いぬくいところ」って表現が今の子が傷つかないように表面だけの会話を楽しんで今だけ良ければそれでいいみたいな薄っぺらい会話を繰り返している感じがよく表現されていて現代を切り取っているっていえばいえるんですけど。
これが芥川賞候補作かぁ〜
芥川賞が純文学。直木賞が大衆文学。って事だけど、最近は芥川賞は話題の新人狙いで、直木賞は「えっ、この人まだ直木賞とってなかったの?」っていうような人気作家の受賞が多いですね。

原作はドラマと違って太った男の子「信太(しんた)」をクラスの人気者に変えようという話。
原作の野ブタはルックスはキモいけど、中身はいい奴でルックスを変える事によりまわりの偏見が取り払われてクラスの人気者になるというのが説得力があるけれど、ドラマ版は元々可愛い堀北真希ちゃんを無理やりキモくした所にストーリーに無理がありますね。
やっぱりドラマ版「電車男」のように「ちびノリダーをスタッフがどれだけかっこよくするか」に興味がいくようなハラハラ感がないです。(実際のちびノリダーはイケメンじゃないけれど知性派の好青年のようです)
ドラマ版で注目しているのは、亀梨君の弟役をやっている中島裕翔 (ひろと)君。
TOKIOの松岡君が自分のために/for youのプロモを撮影する時にリーダーの小学生時代の子役を探していて、どうせなら自分の事務所で探そうとジャニーさんに「ウチの一押しの子を紹介してください」と言ったらジャニーさんが推薦したのが中島君だそうです。
松岡君が「今にNEWSもタッキー&翼も追い越してBIGになってくれ、その時はTOKIOをバックに使うんだよ」と売り込んでましたが、今のジャニーさんの入れ込み方を見ると将来キンキやタッキーを越える大物になるんでしょうか?


最近の調理実習

今日で中越地震から1年被災された皆様の一日も早い復興をお祈りいたします。

わちさんのココログ「チャーハン作れない・・・」を読んでパソコンの前で大笑いしてしまいました。
今の調理実習ってこうなっているんですね。


「炒める」と一口に言っても材料の加熱時間を考えて炒める順番を考えたり、同じ時間で炒めあがるようにカットする大きさを考えたり奥が深いと思うんですけど。
基本の炒め物を教えないで、いきなり「テーマ」に添って子供達が考えるって・・・

理想は高いけど、「愛のエプロン」も真っ青なスリリングな調理実習になりそう。

調理実習の顛末記のアップを期待しますわ。

« October 16, 2005 - October 22, 2005 | Main | October 30, 2005 - November 5, 2005 »

お気に入り











October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資