Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« May 1, 2005 - May 7, 2005 | Main | May 15, 2005 - May 21, 2005 »

「カネ」はなくとも子は育つ

「カネ」はなくとも子は育つ―シンプル人生の教育設計
「カネ」はなくとも子は育つ―シンプル人生の教育設計
森永 卓郎




中公新書クラレの既刊「シンプル人生の経済設計」「「B」で生きる経済学」の2冊で読者から強い関心を寄せられたのが「教育」について言及した部分だったそうです。
そこで第3弾として森永流「教育論」の本が出版されました。

森永卓郎といえば「年収300万円時代を生き抜く経済学 」で一躍有名になった人だけど、「年収300万円時代」の惹句「1%の大金持ちと99%の貧乏人」というのは出版社の売らんがかなの手法で、「「B」で生きる〜」に書かれている「1%の超大金持ちと60%のミドル層。40%の低所得層」という方が森永さんの持論に近い。
1%の大金持ちをA。年収300〜500万円くらいのミドルをB。フリーターなど年収100万円程度をC。と分類。
2層化が進む時代に何もかも犠牲にしてAをめざすのはバカバカしいけれど、Cになってもいけない。
自分の目で見て、自分の耳で聞いて、自分の頭で考える事をしなければ、アメリカのように貧乏人は生きる為に命を張って戦場に行かされる側になっちゃいますよ。と説いてます。
「年収300万円時代〜」で馬車馬のように働いて出世レースを生き抜いても〜というような部分がクローズアップされて「飲めや・歌えや」的なイメージが先行してしまったが、経済アナリスト森永卓郎はフリーターやニートなど半大人を作っている現代の教育について厳しい意見を持っているんです。

銘柄大学を目指して子供に莫大な教育投資をする事は割に合わない「投資」ではなく「投機」だと数字をあげて教育投資の不毛さを訴えていますが、だからと言って「教育」など必要ないという事はありません。
むしろ優勝劣敗の実もふたもない世の中だからこそ本来の意味での「教育」が必要だと訴えています。
教育投資派の一方で増えている「放任」を口実に「教育放棄」も不毛です。

週刊文春でタッキーが漢字が読めなくて「義経」のセリフが減らされてマツケンが激怒という記事が載っていたが、芸能活動に忙しいタッキーだけでなく今は掛け算の九九が怪しかったり、漢字が読めなかったり、日常生活にも支障をきたすほど基礎学力が低下している若者が増えている。

塾や予備校などに投資する「教育投資」でなく親が子供を「まともな大人」に育てるための本当の意味での「教育」とは親が子供に見せる「背中」を持つ事。
環境の変化を逆手にとって人生に夢と希望を取り戻す事。

ちなみに「我が家は年間300万円の生活費で生活しています」と豪語していた森永さん、「どうしても300万円では生活できません。森永さんはどうして生活できるのですか?」というリスナーからの質問に「う〜ん、妻の実家が近いってのもおおきんですよね。」と内情を吐露してました。
中流層が地すべりを起こして年収300万円に減っていくのは事実だけど、教育費のかかる子供がいたら年収300万円では生活できませんよね。

東京圏大学受験案内

オンライン書店ビーケーワン:Pass in 2006年度版Pass in―東京圏大学受験案内 (2006年度版)






東京圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の国公立および私立大学の受験案内。東京圏の全大学190校を対象に、「伝統」「総合大学かどうか」「宗教色」「特色」「学生数」「国公立と私立」や、その他の要素を考え合わせて『PASS IN』編集部が独自に考えた11ブロックの分類別に収録。ブロック別索引、あいうえお順索引が付く。
本屋で立ち読みした本。
キャンパス内の地図も充実していて東京圏の大学進学を考えている人には大変参考になると思う。

「問題ない」は大問題

万引き、2割が「問題でない」…中高生意識

東京都は12日までに、万引きに関する中高生の意識調査結果をまとめた。昨年2月の前回調査と同様に、約2割が「問題でない」と回答。都や警視庁、小売業界などの関係者が昨夏から、万引き防止に向けた取り組みを強化しているにもかかわらず、中高生の意識に変化が見られない実態が浮き彫りとなった。
 今年4月に実施した調査によると、万引きに対する意識は「絶対にだめ」が75.7%なのに対し、「大きな問題ではない」が19.9%、「さほど問題ではない」が3.4%だった。
「問題ない」と考えている中高生が2割もいるというのは大問題だと思います。

「平成17年 万引に関する青少年意識調査結果」について
結果の主な内容

1・約4人に1人が万引は「問題でない」と考えている。(17年調査:23.3%)
2・約20%の生徒が、万引をするよう誘われたことがあった。(17年調査:19.7%)
3・万引は「絶対にだめ」と考える生徒の比率が、学年が上がるにつれ低下している
やっぱりこれは大問題です。

マスコミのあり方

斎藤昭彦さんの実家前に集まった報道陣
イラクで人質になった斎藤さんの実家に報道陣がつめかけた写真を見てぞっとしました。
自分の子供が大怪我をして人質になっているという情報を聞いただけでもショックなのに、突然報道陣に自宅をとりかこまれたら一般人はパニックになってしまいます。
マスコミは遠慮会釈無く、近所の人に斉藤さんの少年時代の話を取材して行ったらしい。
いくら情報が少ないからって、20年も前の話なんて何の役に立つんだろう。
ネットで住所を晒したバカもいるらしいし、いったい家族に何の罪があるのです。
斉藤さんの職業も日本では特殊だけど、戦争が民営化され商売や公共事業のようになっている現実を考えれば危険を承知で高いお金をもらっていたのですから、マスコミに避難されることはないはずです。
「戦争」がビジネスになってしまっている問題点を掘り下げるほど、気骨のあるマスコミも無い。

「まさかイラクに…」 ネット写真、家族確認 「邦人拘束」
「申し訳ありません」を繰り返す家族の姿を見ると心が痛みます。
家族なら「無事でいて欲しい」と願うのが当然なのに声に出していえない。
マスコミや政府に遠慮して低姿勢でいなければ、高遠さん達のように日本全国からバッシングを受けてしまうのが心配なのでしょう。
いつから日本はこんな国になってしまったのでしょう?
そういえば高遠さん達が人質になった時に「自作自演説」をぶちまけて「ピンク家族」だの「左巻き」「自己責任」だの言ってバッシングした人達は香田さん・斉藤さんと人質事件が相次いでも「自作自演説」について謝罪の言葉もありませんね。

ちびノリダー、大きくなったね

「電車男」ドラマは女主人公−ヒロインに伊東美咲

ネット掲示板「2ちゃんねる」から誕生したベストセラー小説「電車男」が7月7日スタートのフジテレビ系木曜10時枠で連続ドラマになることが10日、分かった。オタク系青年と美しいOLの恋の行方を描く物語で、主演は伊東美咲(27)と伊藤淳史(21)。同局はすでに映画製作にも着手しており、キャストの“相互出演”が企画されるなどフジらしいドラマ“運行”が見られそうだ。

 映画化にあたり争奪戦が繰り広げられたという「電車男」のドラマ化はフジが獲得した。

 インターネットの掲示板「2ちゃんねる」の書き込みから生まれた同作は、彼女いない歴22年のオタク青年が、ネット投稿者の応援を受け、電車の中で酔客から助けた女性との交際を成就させる物語。実話とされる。

 昨年5月にネット上のやりとりが終了、同10月に小説が出版されるや否や、朗読劇や舞台化、コミック化が次々と決まったが、映画版などを含め物語は全て主人公の電車男からの目線で進行していた。

 ドラマ化にあたり、フジは、電車男が恋し、オタク系の男たちが憧れる「エルメス」を主人公にスライドさせ、女性側の恋の葛藤や成長を丁寧に描くという。そのエルメスに決まった美咲は、単独での連ドラ主演はこれが初めて。「原作のエルメスは清楚で品があるという感じ。イメージを壊さずに可愛く、わたしも憧れるような女性にしたい」とはりきっている。

電車男役の伊藤淳史は元ちびノリダー。
大きくなったね。

30人学級

学級編成:中山文科相、公立小中校の「30人学級」に意欲

中山成彬文部科学相は9日、スクールミーティングのため訪れた宮崎市で、「30人学級への取り組みが進んでいる。文科省も努力していかなければならない」と述べ、公立小中学校の学級編成基準(現行40人)引き下げに意欲を示した。義務教育改革全般を審議している中央教育審議会義務教育特別部会も10日から初めて検討に入ることにしており、基準の見直しが現実味を帯びてきた。
 中山文科相は、宮崎市立大宮小の教職員らとの懇談後、「それぞれの県、市で30人学級に対する取り組みがだいぶ進んでいる。現状のほうが先行している。方向として文科省としても努力していかなければならない」と述べた。そのうえで、中教審での審議について「もっと子どもひとりひとりに接する時間が長くなるように改革を進めていけたらいいと思う」と語った。
 教職員定数とそれに伴う学級編成基準(上限)を定めた教職員定数改善計画は、59年からの第1次を皮切りに第7次(01〜05年)まで策定されてきた。現行の学級編成の上限は40人で、80年の第5次改善計画以降、変わっていない。その背景には、少人数学級を実現しようとすれば教員数を増やす必要があり、財政当局が負担増に難色を示してきた事情がある。
 今回、引き下げの検討を始めるのは、小学校低学年を中心にすでに42道府県(04年度)で少人数学級が実施されていることに加え、(1)少子化に伴い、本来は減少する教職員定数を維持すれば事実上の増員が図れる(2)全学年一律としてきた学級編成基準を弾力化すれば、財政負担が少なくて済む−−などの判断があるとみられる。
 来年度にも引き下げが実現すれば26年ぶりとなる。ただ具体的な制度をどうするかは、国と地方の税財政を見直す「三位一体の改革」の義務教育費国庫負担制度の存廃論議も影響するため、まだ不透明だ。
 文科省によると、1クラスの平均人数は小学校の場合26.2人(04年度、特殊・複式学級を含む)、中学校では30.6人(同)。現場では「少人数学級」が進んでいることを示している
30人学級になるのはいいけど、それにはやっぱりお金が必要。
「ゆとり教育」のペラペラ教科書。職業意識を疑うような教員をそのままで少人数学級だけ実施しても予算の無駄遣いにならないかしら?

少人数学級求める声が大勢 中教審が文科省に検討要請
>会合のまとめで鳥居泰彦部会長は「一律に40人より少ない学級にすればいいものではないとの議論もあり、柔軟で新しい計画が必要だ」と指摘

30人学級なら8千億円増 文科省が教員給与試算

文部科学省は13日までに、1学級の上限を40人としている小中学校の標準定数を30人学級に引き下げた場合、新たに教員給与が年間7800億円必要で、35人なら3300億円必要との試算をまとめた。
ニシオさんの知人のお子さんの担任のように
体が弱くてしょっちゅう休む先生や平気で授業に穴あけてバカンスに行く先生をそのままにして30人学級を実施してもますます「学校は未来を担う子供を教育する為にあるんじゃなくて、教職員に給料を払う為に存在する」になっちゃうと思いますけどね。

私にはとても真似できません

パーフェクト十和子スタイルパーフェクト十和子スタイル君島 十和子

昨日のソロモンの王宮の賢人は君島十和子さん。
綺麗でいる事は大変なんですね。
そしていくらつかっているんでしょう?
貧乏臭い服にボサボサの髪の私には真似したくてもできない世界でしたわ。

トワラーと言われる巻き髪・コンサバスタイルの女性達の姿を見ているだけでもため息。
最近は結婚して一旦主婦になっても子供の手が離れてから、主婦をしながら創造的なお仕事(誰でもできるスーパーのパートじゃないいんだよ)をする黒田知永子さんや三浦りさ子さんのような生き方が若いミセスのあこがれなんだそうだ。

君島十和子さんは究極の勝ち犬なんでしょうね。
そういえば君島十和子さんも三浦りさ子さんもJAL沖縄キャンペーンガール出身なのね。

母の日

今日は母の日。
娘が無印良品の「クリアアシスト」という目のサプリメントをプレゼントしてくれました。
息子と主人は何もなし。
まさ、主人からプレゼントをもらうと父の日がよけい高くつくからいいんですけどね。

« May 1, 2005 - May 7, 2005 | Main | May 15, 2005 - May 21, 2005 »

お気に入り











April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資