Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« April 10, 2005 - April 16, 2005 | Main | April 24, 2005 - April 30, 2005 »

いまさら謝られてもね〜

[中山文科相]ゆとり教育は「反省すべき」と中学生に謝罪

中山成彬・文部科学相は21日、水戸市の茨城大学付属中学校での「スクールミーティング」で、ゆとり教育について「授業時間を減らしたことは反省すべきだと思う」などと中学生に謝罪した。
 中学生からは「学校は勉強する所なのに、総合的な学習の時間のせいで、学校外で勉強するなど逆転現象が起きている」などと厳しい質問が相次いだ。中山文科相は「ゆとり教育の見直しで教科書のページ数も元に戻りつつある。(薄い教科書の)皆さんには申し訳なく思う」と答えた。
 さらに「総合的な学習の時間は、人間力のある子を育てるために導入されたが、全般的な検証を始めたところだ」などと述べた。
 一方、同日に訪れた茨城大付属小学校では、教諭から「総合学習の時間は必要だ。子供が荒れる原因は偏った学力による」などとゆとり教育の維持を訴える意見が相次いだ。これに対し、中山文科相は「総合的な学習の時間は労力や蓄積がないと取り組めない。『こんなことなら基本教科を増やした方がいい』という声も上がっている」と述べた。
今更謝られてもね〜。
失われた子供達の時間は取り戻せないのよね。
文部科学省の役人の気まぐれにつきあわされた被害者はどうすればいいの?

[学力テスト]「好成績」戸惑う文科省 なぜ、上向いたのか

「総合的な学習の時間」を導入した新学習指導要領の定着度をみる学力テストの結果が公表された。ゆとり教育路線の総仕上げとして02年4月から導入された新指導要領は、学力低下を招いたと批判を浴び、文部科学省は昨年末、見直しに向け舵(かじ)を切った。しかし、初の検証材料となる今回の結果は、ゆとり教育の狙いの正しさを証明したようにも見える。なぜ、学力は上向いたのか。この結果が突き付けるものは何なのか。
なぜ、学力は上向いたのか?

生活費を削って、爪に火を灯すような生活をして、子供を塾に通わせてるからだよ!!

[次世代DVD]月内にも規格統一で合意へ 電機業界2陣営

[次世代DVD]月内にも規格統一で合意へ 電機業界2陣営

高画質の映像を長時間録画できる大容量の次世代DVD(デジタル多用途ディスク)の規格をめぐり、電機業界が2陣営に分裂している問題で、両陣営が規格を統一する方向で最終調整に入ったことが21日までに、分かった。月内の合意を目指す。規格統一に成功すれば、ビデオデッキで繰り広げられた「VHS対ベータ」のように規格の違う機械とソフトが併存する事態が回避されることになる。
今年末以降の普及機の発売が予定されている次世代DVDの規格について、東芝やNECが生産コストが安くて済む「HD DVD」方式を推進。一方、ソニーや松下電器産業は大容量が記録できる「ブルーレイ・ディスク」方式の採用を目指していた。両規格に互換性はなく、約3年にわたり対立が続いていた。
映画業界でも、ワーナー・ブラザーズやユニバーサルなどがHD DVD陣営につく一方で、ウォルト・ディズニーや20世紀フォックスなどはブルーレイ方式を支持。このままでは、映画などのソフトが一方の機械でしか視聴できないことになり、普及の妨げになるとの危惧(きぐ)が強まっていた。
 各陣営を主導する東芝とソニーは、規格統一に向けた最終調整に入っている。両陣営の長所を取り込んだ「第3の規格」を共同開発することでまとめたい意向だ。
第2のVHS対ベータはごめんだと思っていたので大歓迎です。

子供は矢にして放つもの


何かと問題のある表現も多いこの本。
だけど納得する部分も多い。
特に心に残ったのはレバノンの詩人・哲学者・画家であるカーリル・ギブラン(アマゾンではジブラン)の預言者 の中の詞の一節。

子供はあなたの子供ではない。
あなたの弓によって、生きた矢として放たれる。
弓をひくあなたの手にこそ、喜びあれ
いつか子供は出て行ってしまう。そしてどこへ行くかはわからない。最終的に弓をひく幸せを得られるのであれば、それは子供にとっても幸せ。

この本の中にも書かれてあるとおり、今はいくつになっても自分の事ばっかり言っている年寄りが多い。
いつまでも自分の事ばかりにこだわって世代をつないでいこうという発想にならない。
いくつになっても自分の欲しか見えない。
自分はもういいから次の人達に世の中をわたしていこうという事ができない高齢者が多い。

「米百俵」って現在の自分達が我慢しても子供達に教育を・・・って話じゃなかったの?

国民はアップアップなのに…国会議員の給与アップ

国会議員の歳費(給与)が、なんと4月からアップしていたって知ってますか? 実はこれ、長引く不況を受け、「国民と痛みを分かち合う」として平成14年から続いていた歳費1割カットの特別措置が打ち切られたため。保険料アップや減税措置の廃止など国民負担は重くなる一方で、センセイたちだけは「痛み」からコッソリ逃げるようで…。
「汚いことをするな、と言いたい。議員年金にしても新聞やテレビで取り上げられたときには『抜本的に見直す』という議論になったが、どうなったのか? 議員歳費だって『国民と痛みを分かち合う』ために始めたらしいが、元に戻すということは国民の痛みが解消されたのか?」
 こう憤るのは評論家の屋山太郎氏。
 あまり大きく報じられていないが、3年間続いていた議員歳費カットは、自民党の「このまま継続すると、各省庁次官の給与の方が国会議員より高い状態が恒常化してよくない」という理由で3月末で打ち切られた。
 これにより、国会議員の歳費はこれまで月額123万7500円に抑えられていたが、4月から同9万500円アップして、同132万8000円に戻ったという。
この背景について、民主党の渡辺周衆院議員は「日本歯科医師連盟(日歯連)事件などの影響で、与党に献金が集まらなくなってきたのでは。しばらく大きな国政選挙がなく、国民の批判を直接受けにくいことも関係している」と語る。
センセイ方の厚遇復活ぶりと反比例するかのように、国民には負担ばかりが押し付けられている。
 昨年10月から実施された厚生年金保険料と共生年金保険料の負担増(約3200億円=ニッセイ基礎研究所調査)をはじめ、同12月には配偶者特別控除(約4700億円)が廃止された。
 また、今年から来年にかけては、所得税や個人住民税の定率減税が圧縮・廃止(約3兆3000億円)されるうえ、庶民の夢であるマイホーム購入を支えてきた住宅ローン減税も今年度から縮小(約200億円)。今年4月からは、雇用保険料も引き上げ(約3500億円)られた。
 渡辺氏は「国民に負担を求めているなか、自分たちだけ歳費を上げては、『お手盛りだ』と批判されても仕方ない」と指摘。
 民主党は先週7日、歳費1割カットを継続する「国会議員歳費法」改正案を衆院に提出したが、「自民党が法案の審議に応じない姿勢を示しているため、成立は難しい情勢」(衆院事務方)だとか。
 前出の屋山氏は語る。
「小泉純一郎首相は『改革断行政権』というが、実態は官僚に丸投げしているだけで、本当の改革なんてしていない。『官僚の給与5%下げろ』という意見もあるのに、どうして国会議員だけがアップなのか」
>このまま継続すると、各省庁次官の給与の方が国会議員より高い状態が恒常化してよくない
なら、高すぎると批判の多い公務員の給与を下げるのがすじだと思う。
徒歩なのに通勤手当支給 274市町村、月5千円も
大阪市職員のあきれた厚遇ぶりが注目を集めたが、日本全国には同じようなお手盛りがわんさかあるらしい。
国民に痛みを求めるならまず議員や公務員などが一番に痛みに耐えるべきだと思う。

« April 10, 2005 - April 16, 2005 | Main | April 24, 2005 - April 30, 2005 »

お気に入り











September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資