Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« December 26, 2004 - January 1, 2005 | Main | January 9, 2005 - January 15, 2005 »

小林薫

ちょっと前までだと「小林薫」という名前を聞いて誰を思い浮かべるかと聞いたら俳優の小林薫さんを思い浮かべる人が多かったのではないでしょうか?
コミックが好きな人なら漫画家の小林薫さんを思い浮かべたかもしれません。

チーズはどこへ消えた?で有名なスペンサー・ジョンソンの1分間自己革命等外国のビジネス書の翻訳を多く手がけている小林薫さんもいらっしゃいます。

でも今一番有名な小林薫はやっぱりこの人ですよね。

俳優の小林薫さんも気の毒ですよね。毎日、毎日「小林薫容疑者」「鬼畜小林薫」とか自分の名前を連呼されて・・・
Dr.コトー診療所ではコトー先生のよき理解者。ナニワ金融道では帝国金融の先輩桑田を怪演する芸達者な俳優さんだけど、これからの仕事に名前の影響がでるのでしょうか?

やっぱりそうだと思ってたんだ

<郵政公社>「ポストに入る」新型小包、実は入りません

日本郵政公社が03年10月から始めた全国500円均一の新タイプの小包郵便「エクスパック500」が、「ポストに投かんできる」をうたい文句にしているにもかかわらず、全国約18万6000基(昨年3月現在)の郵便ポストの7割以上でサイズが合わず、投かん出来ないことが分かった。エクスパックは縦34センチ、横24・8センチの封筒型で、A4用紙なら約200枚、ビデオテープなら3本入る。500円で購入した後は、切手や重量計算なしで出すことができ、速達郵便並みのスピードで全国に翌日配達される。
 しかし、ポストの差し入れ口の横幅が、A4サイズの郵便物が入る29センチに広がったのは96年で、それ以前のポストの口は24センチまでしかない。公社によると、幅広の新型ポスト設置は約5万4000基にとどまっており、残りの11万基以上は折り曲げるなどしない限りエクスパックが入らない。

いや〜、アルバイトでいろいろなお宅のポストを見ることが多いもんで、「あのエクスパックはいらないんじゃないの?」と思っていたんですよ〜。
後だしじゃんけんじゃないよ。

「96年から差入れ口の横幅が広がった」と言ってもそれは国内産のポストの話で最近は外国製のポストおしゃれな変形ポストの家も多いし、四角いノーマル型でも奥行きがないとエクスパックは入らないはずなんだわ。

昔は差入れ口じゃなく取り出し口を開けて入れたり、スーパーの袋に入れて玄関に下げたりしてたようだけど、個人情報保護法が出来て「他人の家のポストを覗いたり」「紛失しやすい場所に放置」したりするのにうるさくなったはずだから郵便局はどうしてるんでしょ?
(アルバイト先でミーティングだって呼び出されれ何かと思ったら「個人情報保護法」の講習会だわさ。「ポスト覗き厳禁」と言われたわ。)

「入らないので持ち帰りました」カードを入れて、いちいち持ち帰ってたんじゃ大変だよね。

 

伊藤かずえ&松村雄基17年ぶり昼ドラ「黄金コンビ」

伊藤かずえ&松村雄基17年ぶり昼ドラ「黄金コンビ」

女優、伊藤かずえ(38)が、2月21日スタートのTBS系主演ドラマ「聞かせてよ 愛の言葉を」(月〜金曜後1・0)で、80年代の大映ドラマで共演した俳優、松村雄基(41)と約17年ぶりに“ゴールデンコンビ”を復活させることが5日、分かった。
 同昼ドラはTBSでは久々のドロドロ路線。薄幸の姉(伊藤)が、自身の夫を愛する妹との争いなど次々襲う困難の中、夫の部下(松村)と愛を貫こうとする愛憎劇。
昼ドラは見てなかったのですが、これは見ちゃいそう。
只今お昼はCSIにはまってるんだけど、時間帯が重なっちゃうかしら?

おひとりさま

男が知らない「おひとりさま」マーケット―最強のリピーター&クチコミニスト
男が知らない「おひとりさま」マーケット―最強のリピーター&クチコミニスト
牛窪 恵, おひとりさま向上委員会




「おひとりさま」というネーミングに興味があったので図書館にリクエストして借りてきたのですが、途中で読むのが嫌になってしまいました。
減らない住宅ローン・増える教育費に押しつぶされそうな世代としては、あまりにも違う世界に目がくらみそうでした。
これじゃ今の生活を捨てて、結婚して子供を産み育てようなんて気にならないのも当然だよね。
以前は「パラサイトシングルが景気回復の牽引車」なんて言われたけど、やっぱりパラサイトシングルじゃ小物の消費は増えるけど大型消費(住宅や子供が成長するたびにかかる費用)が発生しないから、やはり子供を産み育てるのは大事という意見も出たんだけど、やっぱり目の前の消費の達人の方に目がいくのね。

「負け犬」なんて言われているけどやっぱり古くは独身貴族・ちょっと前ならパラサイト・シングル。いまは「おひとりさま」が消費の主役なんでしょうね。

ドラえもんは永遠

年末にお節の準備しながらテリー伊藤ののってけラジオを聞いていたらたてかべ和也さんがゲストとして登場しました。

話題は「ドラえもん」の声優交代について。
「もし誰か体の具合が悪くなって新しい人と交代すると、その新しい人は25年以上も一緒にやっている仲間の中にひとりだけ入っていく事になって、とても大変。
5人一緒に交代すれば新しい人達は最初の頃は大変なプレッシャーだけど5人で力を合わせて乗り越えていけばいい。
声は変わるけどドラえもんは永遠だから皆さんドラえもんをよろしくお願いします」
みたいな事を言っていました。
ドラえもん声優陣の声は長い間親しんできて、あの声以外考えられないからずっと続けて欲しいと思っていたけど、誰か一人が交代する時のことなんて考えた事ありませんでした。

同じように長寿番組笑点でも、体調を壊して休んでいるこん平さんの代役に林家たい平さんが加入したけどベテランの中に若手ひとりで馴染むまで苦労しそうです。

ドラえもんの声変わりは残念だけど、ドラえもんが永遠に続くためには声優陣交代は仕方ないのかもしれません。

« December 26, 2004 - January 1, 2005 | Main | January 9, 2005 - January 15, 2005 »

お気に入り











July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資