Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« 松居一代の超整理・収納術 東大をめざすなら公立校へ入れなさい | Main | お笑いLIVE10! »

笑顔に国境なし


今日の読売新聞夕刊に「笑顔に国境なし」というタイトルでフィリピン人介護士が急増している記事が載っていました。

「心が満たされる仕事ができます。今の仕事が一番いい」今年の5月から東京・墨田区の特別養護老人ホーム「たちばなホーム」で介護職員として働く、日本人と結婚した在日フィリピン人の常盤ニコリンダさん(46)は微笑んだ。忙しく動き回り、お年寄りの耳元に口を近づけ、ニコニコ顔で声をかける。話しかけられた方にも自然に笑みが浮かぶ。
ニコリンダさんはセブ島の出身で七人兄弟の長女。12歳の時に父親を亡くし、家計を支えるため様々な仕事をした。20年ほど前、興行ビザで来日し、故郷の家族のため仕送りもしてきた。7月からはホームの契約職員になり、「天職だ」と燃えている。
昨年9月、在日フィリピン人を対象とした介護口座「ヘルス・ケア・サポート・ハクビ渋谷校」が開校した。現在、ホームヘルパー2級の取得を目指して男女12人が受講。これまでに104人が資格を取得している。
同校1期生の西村アーリンさん(30)は、今年1月から東京・八王子市の永生病院に介護職員として正式採用された。一緒に働く職員も彼女の働きに刺激され、意識が高まっているという。同病院の看護部長は「地味な仕事を熱心にする」と感心しきりだ。
日本の少子高齢化は進む一方。介護士や看護師の不足が心配されることから、策ね11月に日比間で自由貿易協定の話し合いがまとまり、人材受け入れの方向が決まった。外国人が日本で介護士や看護しになるには資格や言葉の壁もある。だが、現場のフィリピン女性は、介護や医療の前線で、貴重な戦力になっているようだ。
少子高齢化が外国から介護士や看護師を受け入れなければいけないのは仕方ないでしょうが、送り出す側の国(多くは発展途上国)は優秀な人材が外国に働きに出てしまい、自国で介護士や看護師が不足するという事にならなければいいのですが・・・

« 松居一代の超整理・収納術 東大をめざすなら公立校へ入れなさい | Main | お笑いLIVE10! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

はじめまして!
突然の書き込み失礼いたします。

この度、ブログのランキングサイトがオープンいたしました。
  【ブログランキング Bloking】http://bloking.jp
まだオープンしたてのサイトですが、貴サイトのアクセスアップに
貢献できればと思っております。

誠に勝手ではございますが、是非とも参加していただければ幸いです。
末筆ながら、貴サイトの益々のご発展をお祈りしております。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33890/6857583

Listed below are links to weblogs that reference 笑顔に国境なし:

« 松居一代の超整理・収納術 東大をめざすなら公立校へ入れなさい | Main | お笑いLIVE10! »

お気に入り











September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資