Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« 無免許の優良ドライバー | Main | やっぱりマイケル・ジャクソンは天才 »

中絶胎児利用の衝撃

昨日(4月9日)のNHKスペシャル中絶胎児利用の衝撃は文字通り衝撃的でした。

アメリカ・ケンタッキー州に住むエリザベス・ブライアントさんは、遺伝性の難病でほぼ全盲の状態だった。そのブライアントさんの目が突然見えるようになったのは、2年前に受けたある移植手術だった。移植されたのは、胎児の細胞だった。
 今、最先端医療を担うバイオテクノロジーの世界で、胎児細胞に大きな注目が集まっている。分裂能力が旺盛で、神経や筋肉などさまざまな組織に分化する「幹細胞」が数多く含まれており、これを移植すれば、患者の損傷した組織を再生できるのである。
 胎児細胞研究が最も進んでいるのが、アメリカである。カリフォルニアのバイオ企業では、胎児細胞から神経細胞を作り出し、パーキンソン病など脳に疾患のある患者の脳に移植する研究を進めている。また中国では、すでに脊髄損傷患者などに大量の胎児細胞を移植する手術が行われており、日本、アメリカなどから数多くの患者が中国に渡っている。
日本でも厚生労働省は、死産や中絶された胎児組織の利用に関して専門委員会で議論をしているが、命の尊厳をめぐって議論は続き、結論はまだ出ていない。
 夢の治療の実現か、命の尊厳か。最先端の現場を日本、アメリカ、中国に追い、胎児利用が医療と社会に与える衝撃を見つめる。
分裂能力が旺盛な胎児の細胞がバイオテクノロジーの世界で注目されるのは理解できますが、倫理的に大きな問題をはらんでいる事は否めません。


更年期障害の薬として有名になったプレマリンの原材料は妊娠した馬の尿。そのために人工授精を繰り返される馬がいる事を考えると金の為に妊娠して人工中絶を繰り返す人も出てくるのではないかと心配になりました。

« 無免許の優良ドライバー | Main | やっぱりマイケル・ジャクソンは天才 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33890/3640537

Listed below are links to weblogs that reference 中絶胎児利用の衝撃:

» ケンタッキー州 [ケンタッキー州-情報]
ケンタッキー州ケンタッキー州(―しゅう、Commonwealth of Kentucky KY)は、アメリカ合衆国|米国中東部にある州。州の北はインディアナ州とオハイオ州に、東はウェストバージニア州とバージニア州に、西はイリノイ州とミズーリ州に、南はテネシー州に接している。州都... [Read More]

« 無免許の優良ドライバー | Main | やっぱりマイケル・ジャクソンは天才 »

お気に入り











November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資