Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« February 2005 | Main | April 2005 »

またやっちゃったの?日テレ?

「モナ・リザ」は誤報!?日テレに抗議文

26日放送の日本テレビ系「超歴史ミステリー!ルーブル美術館の秘密」で名画「モナ・リザ」が2点あり、うち1点が発見されたと紹介されたことに対し、東北大学大学院の田中英道教授(西洋美術史)が28日、「もう1点がコピーであることは学会でほぼ結論づけられている」などとして同局に抗議文を送った。
 田中教授によると、この1点は1980年代半ばにスイスの画商が売りに出そうとしたコピーといい、日テレは「スイスのモナ・リザの存在は専門家には知られていたが、今回日本で初めて映像化に成功した。絵は鑑定中」などとしている。
この番組ドキドキしながら見ちゃったんです。あのモナリザ偽者だったの?

獄窓記


山本譲司元議員の獄中体験ドラマ化

秘書給与詐取の罪で1年半服役した元衆院議員山本譲司氏(42)の手記をドラマ化したTBS「獄窓記」(4月20日午後9時)の試写会が25日、同局で行われ、山本氏と主演の柳葉敏郎(44)が出席した。刑務所の中で障害のある受刑者の介護補助を受け持ったことで本当の福祉を知った氏の社会復帰が描かれる。柳葉は「原作を読んで泣いた」。山本氏は「福祉や刑務所の現実を知ってもらえれば」と話していた
刑務所の中に障害のある受刑者用の施設がある事をこの本を読んではじめて知りました。

国の借金、751兆円に増加=1人当たり588万円


国の借金、751兆円に増加=1人当たり588万円

財務省が25日発表した国債や借入金など「国の借金」の2004年12月末の残高は、9月末比20兆1212億円増の751兆1065億円となり、過去最高を更新した。国民1人当たりでは約588万円の借金を負っている計算。05年度末には約888兆円に達する見込みで、借金が膨張していく構図は当面続きそうだ。

2008年破綻する家計生き残る家計―あなたの資産を確実に守る方法の中で荻原博子さんは、今の日本は本来「税金」として徴収すべき支出を「国債」を発行する事でまかなっている。と言っている。
今の日本は受け取っている福祉に比べて税金が少ないのだという。
我が家の家計を見ると「税金が少ない」とは思えないが、日本全体から見ると今の日本人は孫子の代に借金を押し付けて贅沢をしているという事なのだろう。

ムシキングは第2のポケモンになれるか?

4月6日(水)から、「甲虫王者ムシキング〜森の民の伝説〜」テレビ放送開始
ゲームセンターで子供が群がってるのは何かと思ったらムシキングなんですよね。
第2のポケモンになれるでしょうか?

ヨン様のダイエット本


以前から話題のヨン様のダイエット本、4月に発売が決定しました。
体脂肪2%まで落としたヨン様のダイエットの記録。興味あります。

2008年は日本の破綻の始まりになるのか?


2008年は日本にとって激動の年になりそうです。

1998年に小渕政権時代に発行した国債が2008年に大量償還されます。
その額なんと40兆円(日本の1年間の税収とほぼ同額)
当然返せるはずはないから、また国債を発行して借り換える事になります。

2008年 団塊の世代が大量に退職します。
今まで税金や年金など社会保障費を払っていた世代がもらう側にまわります。

今まで先送りしていた日本の問題が一気に2008年に表面化してきそうです。

私立信仰を見直すべきかもしれない

義務教育の中学生を私立中学は…

義務教育の中学生を私立中学は退学処分にして公立中学に委ねることができるが、公立側は逆をできない。公立は私立教育の“無責任”をシリぬぐいする場か−−東京都で私・公間に現実にある非対称性をめぐり深刻な論争が生じている。
問題行動や成績不振、経済的事情と退学理由は一様でないが、転入生増加への対応で公立側は学校教育に支障が出ていると悲鳴。転校生と家族の直面する問題も大きい。東京だけに限るまい。
わが子の教育において親たちに安易な「公立軽視・私立志向」の風潮はないか。義務教育の話は高校教育にもつながる。「愛国心」も教育の充実あってこそ。憲法論議にも及ぶ話であろう。
問題のある生徒が一人いる為に授業がなりたたなくなれば私立中学は他の高い授業料を出している保護者の権利を守る為に問題のある生徒を退学にするのは経済の原則からいえば当然だと思う。
しかし、私立を退学させられて地元の中学に戻る生徒の気持ちはいかがばかりだろう。
義務教育である中学生を安易に退学させていいものか・・・
「ゆとり教育」への反動から私立ブームだが、安易に「公立軽視・私立志向」へ走っていいものか考え直すべきなのではないか?

個人情報保護法

この時期になると毎日のように塾・予備校のチラシが入ってきます。
でも今年は以前とは違います。
以前は○○高校合格者と銘打って、Aさんは○高合格・Bさんは△高合格と名前を発表していたのだけど、今年から個人情報保護法の影響か、氏名の発表は無くなったようです。
そりゃ有名校に合格した保護者の方はいいでしょうけど、それほどでもない学校しか合格しなかった家はあれは困りもんだったから塾が発表をやめてくれたのはいい事ですわ。

デフ・パペットシアター・ひとみ


忙しくてネット接続もままならない時期に「デフ・パペットシアター・ひとみ」という人形劇団から人形劇とトークイベントのご紹介メールをいただいていたようです。
「デフ・パペットシアター・ひとみ」は「ひょっこりひょうたん島」でおなじみの人形劇団ひとみ座を母体に25年前に生まれた劇団です。耳の聞こえない者と聞こえる者とが一緒にセリフに頼らない、観て楽しめたりイメージして楽しめたりする人形劇を創っている劇団のようです。

おじいちゃんと孫の交流を描いた「だいじょうぶ だいじょうぶ」がどんな人形劇になっているか楽しみです。
2月25日が初演で、これから回を重ねていくようです。今度近くに来たら見に行きたいと思います。

デフ・パペットシアター・ひとみ ホームページ

キャッシュカードが危ない


う〜ん、自分の持っているキャッシュカードを整理したくなりました。
コンビニバンクも増えて便利なキャッシュカードだけど、ひとたび悪用された時の被害の大きさに背筋が寒くなりました。


被害者に泣き寝入りを願っているとした思えない警察と銀行の冷淡な対応には頭にきました。
銀行が発行しているキャッシュカードが偽造され、銀行が管理しているシステムが騙されて被害が発生したのだから損害は銀行も責任を持つべきだと思います。

これだけの被害が報告されていながら、漫然とした対応をとったために被害の拡散をくい止められなかったという面は否定できないと思いました。

再開

身内に不幸があったため、長く更新できませんでした。
まだ残務処理があるのでマメに更新できませんが、また気が向いたらブログを書きたいと思います。

« February 2005 | Main | April 2005 »

お気に入り


  • 楽天">








May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資

  • ">