Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« December 19, 2004 - December 25, 2004 | Main | January 2, 2005 - January 8, 2005 »

新年おめでとうございます。

あけましておめでとうございます。拙いブログですが今年もよろしくお願い致します。
台風・噴火・地震・津波と災害の多かった2004年。2005年は平穏な良い年になるように祈っています。

なんだかんだ言いながら見てしまった紅白歌合戦。
今年の出色は氣志團!!
オープニングの登場シーンでは胸にNHKマークのついたゴレンジャー衣装。
歌の時はリーゼント・チョーランの正統派ツッパリ衣装。リーゼントをつまむとハゲヅラというお笑い演出。
マツケンサンバの時はマツケンの金ぴか着流しにも負けない金ぴか学ラン。
その他のシーンでもいくつかの衣装を着替えて紅白を盛り上げてました。
ゴレンジャーと金ぴか学ランがちょっとしか映らなかったのが悲しい。もっと見たいよ。
氣志團爆笑ワンナイトカーニバル 第55回NHK紅白歌合戦

「Gakt様が二人?」とびっくりしたのはGakt様。
ビデオを投影したんだと思うけど、すごくいい出来でした。自分の演奏。自分のコーラスとも見事にマッチして日本の技術力に誇りを感じました。
浜崎あゆみも魅せてくれました。
最近はフリフリゴージャスなお姫様衣装だったのが西太后を思わせるような中国風ドレスに扇子を持ったダンサーと風変わりな振り付きのステージ。
今年は地味紅白で他の人は演出を抑えてたので目立ちました。
やっぱあゆは自己プロデュース能力に長けてると改めて思いました。
ふとサイドを見ると「あれ、よっちゃん痩せた?」
よっちゃんかどうか確認できないまま、あゆの歌は終わってしまった。
よっちゃんはスーパービューティミカリンこと叶美香さんの「O・SU・SO・WA・KE〜プルプルンのキュッのボン!」の作曲を手がけるなど幅広く活躍中。
ダイエットしてスリムになったらまたまた人気でそう。

大晦日

早いものでとうとう大晦日。
2004年はアテネオリンピックの日本選手大活躍。少しだけ景気回復の兆しが見えるなど明るい話題もありましたが、全体的には水害・台風・地震など大荒れの一年でした。
もうすぐ新年という頃にスマトラで大地震。身勝手な人間達に地球が怒っているのでしょうか?

今年は「流行だから」とHTMLも知らないのに「ココログ」デビューをしてネット世界に足を踏み入れた年でした。
全くの自己満足で始めたのに思いがけず訪れてくれる方も多く感謝しております。
拙いブログですが来年もよろしくお願い致します。
来年こそ福の多い良い年になりますように。

「月刊!木村剛」当選

月刊!木村剛Vol.3 ~どうするプロ野球?どうなる日本経済!
月刊!木村剛Vol.3 ~どうするプロ野球?どうなる日本経済!
木村 剛




ココログ1周年記念プレゼントで「ココログとわたし」という記事を書いてトラックバックすると抽選で豪華(?)商品プレゼントに応募して「月刊!木村剛」が当選しました。
有志創路とキムタケのサイン入りだよ〜ん。
大切にしていたら将来価値が上がるかしら?
しかしこんな文章で当選という事はやっぱり選考じゃなくて抽選だったんだろうね。
もしかしたらキムタケの本を希望した人が少なくて全員当選だったりして。

著作権を管理しているところがパクッちゃいけないよ!!

「ドラえもん」そっくり? 米連邦通信委のHPに

藤子・F・不二雄さん原作の「ドラえもん」にそっくりのキャラクターが、米国の連邦通信委員会のホームページに掲載され、著作権を持つ藤子プロ側が「非常に似ている」と警告の申し入れ書を送ったことが、28日分かった。
 同通信委は、通信メディア事業を監督し著作権問題も担当する政府機関。申し入れ書送付から約1カ月たっても通信委から返答はなく、キャラクターも削除されていない。
 このキャラクターは、通信委の公式ホームページの子供向けコーナーに姿を見せている。名前はブロードバンド君。通信委の活動紹介やインターネットの仕組みなどを解説する案内役。
これはどうみてもドラえもんでしょう。
ライオンキングの時も思ったけどアメリカって人が自分の国の作品をパクるとすぐ「裁判だ。訴える」って騒ぐくせに自分の所は口をつぐむのね。
ライオンキングはどうみてもジャングル大帝のパクリでしょう。
藤子プロは手塚プロみたいに「もしディズニーにまねされたなら『それは光栄な事だ。』と故人は喜んでいたでしょう。」って言っておおらかに許してくれないと思うよ。
ディズニーはアトランティス/失われた帝国ふしぎの海のナディアの盗作だっていう疑惑もあるんだよね。

http://www.synapse.ne.jp/~komurano/taiki/nadia/index.html

紳助、新年から活動再開

紳助、新年から活動再開

吉本興業は27日、所属する吉本興業の女性社員(40)にけがをさせた傷害事件で芸能活動自粛中のタレント、島田紳助(48)について、自粛期間を12月31日までとすることを発表した。事件翌日の10月26日から始まった自粛が解けるのは68日ぶり。
 紳助は女性社員に対する傷害罪で今月9日に略式起訴され、罰金30万円も納付。同社では、「刑事処分が完了し、相応の期間が経過した」「女性社員との間に示談は成立してないが、島田が誠実に対処していることと認められる」ことなどから自粛を解くことを決めたという。
復帰第一弾は1月2日の「行列のできる法律相談所 スペシャル」の冒頭で謝罪シーンを生放送で差し替える案が有力だそうです。
島田紳助1月2日復帰へ、生放送で謝罪 日テレ系「行列のできる法律相談所」特番
「行列のできる法律相談所」は普段見ていないのですが、この特番は見て視聴率アップに少しでも貢献したいと思っています。
紳助の事は特別好きなわけじゃないけど、今回はあきらかに被害者側はやりすぎ!!
「自分の名誉回復」の為って言うけど、これだけ吉本の財産・タレントや大切なクライアントのテレビ局を敵に回して会社の大切な商品・紳助の商品価値を貶めるような行為をするのは社会人として失格。
仕事をしていれば嫌な上司や嫌な取引先に理不尽な事を言われて悔しい思いをした経験は誰でもあるはず。
暴力という手段に訴えた紳助は悪いけど、「紳助氏は、吉本興業と契約しているタレントであり『社外の人間』であるから、上司に敬語を使わなかった」なんて屁理屈みたいな事を大切な稼ぎ頭に言ったら怒鳴られるのは当然じゃない?

この事件で特に頭にくるのは被害者側弁護士。マスコミはノック知事を追い込んだ敏腕弁護士って報道してるけど、私には本当に有能だと思えません。
雪田樹理弁護士の所属している女性共同法律事務所は「男女差別をなくし一人ひとりの人権を守る」がキャッチフレーズでドメステックバイオレンスやセクハラが得意分野みたいだけど、今回の被害者は女性だから殴られたんじゃない、芸能界の礼儀で注意されて素直な態度をとらなかったから殴られたんで、同じような態度をとれば紳助は男性でも殴ったと思う。男だったらもっと激しく叱責されて殴られてたかもしれない。(相手が小川直也なら殴らないだろうけどね)

これ以上争っても被害者側には「すぐ訴えて、面倒な女」という偏見の視線がずっとつきまとう。
紳助も損。吉本も損。被害者にもメリット少なし。
結局得するのはマスコミで大々的に報道してもらって宣伝になった弁護士だけの一人勝ちって気がします。

紳助の復帰第一弾が「行列のできる法律相談所」だとしたら運命の皮肉を感じます。

本当に洗剤なしで洗濯できるのかしら?

松居一代の超(スーパー)おそうじ術
松居一代の超(スーパー)おそうじ術
松居 一代






エコベール・住まいの洗剤(あらゆるお掃除に使えるオールマイティな洗剤です)
松居一代の超(スーパー)おそうじ術を借りてきました。
おそうじ嫌いの私には耳の痛い話ばかり。うしろから松居棒でツンツンとつつかれて「これ、これ、埃がいっぱい」と叱責されているような気分になりました。

一番大切な事は決して嫌々掃除をしない事。
「幸せよ、舞い込んでおいで!」と心の中で念じながら気合でお掃除しましょう。
とは素晴らしいお言葉。
自分の手で掃除した所には自分のオーラが付着する。
そのオーラがバリアとなって部屋を守ってくれる。
とはもはや宗教的。
元ネタは江原啓之著幸運を呼ぶ「たましいのサプリメントから

興味があったのはランドリークリーンリング.
洗剤を使わずに洗濯できるんですって。本当かしら?

■ランドリークリーンリング■ほんとにすごいっ!しっかり落ちる!洗濯機にいれるだけで洗剤不...

ブックオフで本を売って豚丼無料券ゲット!!

ブックオフでお売り下さい 年末キャンペーンを実施中なので家にある不用の本を売ってきました。
モスバーガーの無料券が欲しかったのですが、品切れで吉野屋の豚丼無料券をもらってきました。
冬期講習に行っている息子の明日のお昼は豚丼にしよう。


家の近所にはブックオフが3店舗あります。
10年以上前からあるA市の店。
4年ほど前に開店したB市の店。
半年ほど前に開店したC市の店。
今回行ったのは最近開店したC市の店です。
B市にブックオフが開店した時に売りに行ってA市店なら断られるような状態の本でも買い取ってくれて最低買取り価格もA市店は10円なのにB市店は20円だったので、開店したての店の方が買取りが高いのかもしれないと思ってC市店に売りに行ったのです。
狙いは的中。思ったより高かったです。
サイドが黄ばんだ汚い本が多かったので「1冊10円になればいい方」と思っていた本が34冊で1660円になりました。

思ったより高く売れたし豚丼無料券もゲットしたし、旦那の文庫本を整理させてまた豚丼券をもらいにいこう。
早く行かないと豚丼券もなくなりそうだったものね。

« December 19, 2004 - December 25, 2004 | Main | January 2, 2005 - January 8, 2005 »

お気に入り











April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資