Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« December 5, 2004 - December 11, 2004 | Main | December 19, 2004 - December 25, 2004 »

リクエストした本

オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す
オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す
三砂 ちづる




「負け犬の次はオニババ?」今話題の本。リクエスト53人待ち。当分待ちそう。
「日本の昔話に出てくるオニババは、社会の中で適切な役割を与えられない独身の更年期女性が、エネルギーの行き場を求めて若い男を襲うという話だったのではないか」
という説は行き過ぎだと思うけど、「女性として生まれつき備えている性と生殖にかかわるエネルギーを溜め込んでいると体のあちこちに弊害が出る」という説はなんとなく納得。
人間も動物なんだから「自分のDNAを残したい」という欲求はあるはず。今の男女関わらず晩婚化はやっぱり弊害を生みそう。
ただ問題なのは生物学的には10代後半から20代前半に出産するのが望ましくても子どもたちはなぜ、9歳で成長が止まるのかという本もあるように今の子供は精神的に幼い子供が多い。9歳で成長が止まるとまでは思わないけど昔に比べて5歳から10歳くらい幼い感じを受ける。
体は30歳でも精神年齢が25歳なら出産適齢期のような気もするし、これは難しい問題だと思う。
負け犬の遠吠えでは「どうせ私は負け犬ですよ(でも一番かわいそうなのはお金のない専業主婦。貧乏人と結婚するなら独身がいいもんね)」と開き直っていた女性も「オニババ」と言われては心穏やかでないようで、またまた論議を呼びそうな本です。
<「オニババ」ってなに?>上 医学的に高齢出産を考える
<「オニババ」ってなに?>/下 社会学的に晩婚化を考える

夜回り先生の卒業証書―冬来たりなば春遠からじ水谷先生の新刊が出るようです。これもリクエストしました。
リクエストした本って来るときはドドドって来るんですよね。
年末なのにダ・ヴィンチ・コード (上)(下)は来るし電車男は来るし掃除もしなきゃいけなしどうしよう。

<高松宮妃喜久子さま死去>紀宮さま婚約内定正式発表は延期
高松宮妃喜久子さまのご冥福をお祈りいたします。
しかし、紀宮さまも婚約発表しようと思ったら「新潟中越地震」で延期、今度は「高松宮妃逝去」で延期と延び延び続きですね。
負け犬達の呪いでしょうか?

除雪ボランティア募集

「とうとう雪が…」地震禍の新潟・川口町で初雪
新潟中越地震で被災した川口町などで初雪が降りました。
雪下ろしボランティア全国募集 被災地支援で新潟県

新潟県は、中越地震で被災した小千谷、十日町市や越路町などで、主に高齢者の住宅の雪下ろしをするボランティア「スコップ2005」を募集している。98年、都市と豪雪地帯の交流を目的に始まり、毎年100人前後が登録していたが、今季は「非常事態」。特に雪国育ちや、除雪、冬山登山の経験者を求めている。
 ボランティアは、県が一括して募集。雪下ろしの経験の有無や、除雪機の操作ができるかなど、経験ごとに分類して登録する。
 作業期間は来年1月上旬から3月下旬まで。登録は今月24日までに、新潟県のHPの申込書に記入し、県地域政策課(ファクス025・280・5227、メールchiiki@mail.pref.niigata.jp)に送る

スコップ2005メンバー募集

やはり「汚い家に幸せはこない」のかしら?

日銀 神戸支店でも新紙幣すり替えが判明
11月24日の前橋支店の事件の時に「日銀職員の間で恒常的に紙幣や硬貨のすり替えが行われていて、偶然発覚した彼らだけ処分する訳にはいかないから甘い処分になったんじゃない」と書いたら、やっぱり他にもやってる人達がいたんですね。
日銀職員が計画的に日銀の金に手をつけて、諭旨免職なんて甘いですよ。懲戒免職ものじゃないですか?

船越英一郎、退院…完全復帰目指し自宅休養
船越さん退院おめでとうございます。
今日のワイドショーを見ていたら「出ていた神経が奇跡的に消えて完治ではないけれど、手術しないですんだ」とか。
やっぱり痛がる船越さんをまたいで18時間も病室掃除した松居一代さんの力でしょうか?
「汚い病室では病気は治らない!!」 
もう「めざしの頭も信心から」を越えてますね。

パソコンの前で遊んでないで掃除しなくちゃ!!
「汚い家には幸せはこない!!」と叱られそうです。

フライパンで作るケーキ

フライパンで作るケーキとパン

15日に「はなまるマーケット」で放送された「フライパンで作るクリスマスケーキに挑戦しました。 フライパンで作るケーキとパンの著書もある渡辺和泉さんのレシピです。 挑んだのは「ブッシュド・ノエル」の方です。 オーブンで焼くのに比べると膨らみが悪いですが、確かに焼けました。今度はホール型のスポンジケーキに挑戦したいと思います。 上手く出来たら写真アップします。(写真アップできるできではなかった^_^;)

娘が試食して「昨日の愛のエプロンじゃないけど、これスポンジじゃないよ」だって・・・・
家事をしたくないからとパラサイト宣言してるくせに文句ばかりはよく言う奴だ。
昨日の愛のエプロンは「愛のクリスマスケーキ」大爆笑でした。
杉田かおるの作った見かけは完璧なスポンジケーキで美味しそうなのに超マズイケーキ最高でした。
ゲストのリュウ・シウォンさん好感度アップです。
自分で料理の本も出してるそうだけど、あの適確なコメントは相当料理上手みたい。
「今度来たら僕の料理を食べさせてあげます」と言ってたけど、ぜひまた来日して料理を作って欲しいです。

我が家は全員「ドンキ・ホーテ」と発音していた

「ドン・キホーテ」の火災は3人も焼死という痛ましい結果になってしまいました。
「ドン・キホーテ」は「ドン」と「キホーテ」の間に「・」が入っていたんですね。
「ドンキホーテ」だと思ってました。
「ドンキ」と略される事が多いので話すときは「ドンキ・ホーテ」と言ってる人が多いと思います。
我が家は全員「ドンキ・ホーテ」と発音してました。
Yahoo!のニュースでも全文では「ドン・キホーテ」と書いてあるけど、トピックスでは「ドンキ、過去一年間に放火7件」だし。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/don_quijote_serial_fire/?1103065932

「ドン・キホーテ」のドンはスペインの男子の敬称だそうです。昔は貴族につける敬称だったようです。
「キホーテ伯爵」って感じでしょうか?
「ド」や「フォン」と一緒ですね。
ドン=ジョヴァンニの「ドン」と「ドンキホーテ」のドンは一緒だったんですね

http://plus.naver.co.jp/browse/db_detail.php?dir_id=6&docid=2451

子どもたちはなぜ、9歳で成長が止まるのか

子どもたちはなぜ、9歳で成長が止まるのか―日本の「男性社会」が子供をダメにした!?
子どもたちはなぜ、9歳で成長が止まるのか―日本の「男性社会」が子供をダメにした!?
三沢 直子




1997年神戸小学生殺人事件 2003年長崎幼児殺害事件 2004年長崎佐世保小学生殺人事件
年々少年犯罪は低年齢化し、凶悪化し頻発している。
心理カウンセラーとして、多くの患者、家族、子どもたちと向き合ってきた著者はマスコミから事件が起こるたびに取材依頼がくるたびに「そんなに急ぐ必要はらいません。またすぐに事件は怒りますから。これから事件はもっと多くなりますし、さらに深刻化します。毎回そういうふうに表層的な報道を繰り返すのではなく、その奥にある問題をじっくりと取り上げてもらえませんか?」といい続けてきた。
長崎・佐世保の事件で著者の予言ははからずも的中してしまった。

長年子供の描画心理テストを続けてきた著者は最近の子供達の心の成長が9歳で止まってしまっていると指摘する。
さまざまな理由が考えられますが総じて今の子供は、兄弟や友達など子供同士の「仲間」、その仲間と安全に遊んでいられる「空間」、塾やお稽古の時間を気にしないで時を忘れて遊んでいられる「事件」の三つの「間」が無いというのは同感です。

「ビデオ」や「テレビゲーム」漬けの毎日
「早期教育」「受験」という心理的虐待
などは今までもマスコミに取り上げられてきましたが、面白いと思ったのは90年代以降に登場してきた「おしゃれで他力本願な母親像」です。
90年代以前の母親達はジーパンにトレーナーかTシャツが定番で髪もボサボサ、化粧っけなしという人が多かった。90年代に入った頃からおしゃれな母親達が増え始めた。
バブル時代にOL時代をすごし、すべてはお金次第という価値観は健在で優雅な独身時代を過ごしてきた90年代初頭に母親になった世代は、「毎日の生活のなかで自分の手を時間をかけてゆっくりと育つのを慈しむ育児ではなく、てっとり早く『誰かにお願い』して『できる子にして欲しい』『能力のある子に』と子育ての外注化に向かっている」と分析している。
著者は最初今までの母性神話にとらわれて自己犠牲的になりすぎた母親の弊害のケースを見ていたので、母親になっても自分の生活を楽しむ余裕を残しているおしゃれな母親達が出現したのをいい傾向だと思っていた。
しかし、子供までもお人形のように飾り立てられている姿を見たり、赤ちゃんの欲求より自分の気持ちを優先させる母親達を見ていて最近の母親のあり方に疑問を感じるようになったようだ。

最近の子供達の犯罪増加は母親だけの責任ではありません。
そして犯罪を犯した子供やその家族だけの物でもないと思います。
もっと複雑に色々が原因がからみあった、社会全体で考えていかなければいけない問題だと感じました。

封印される不平等

封印される不平等
封印される不平等
橘木 俊詔(編著) 斎藤 貴男,+苅谷 剛彦,+佐藤 俊樹




和パパさんから以前ご推薦していただいた「封印される不平等」がやっと借りられました。
教育改革の幻想など教育関係に造詣の深い苅谷剛彦さん、機会不平等の著者斎藤貴男さん、不平等社会日本―さよなら総中流社会の著者佐藤俊樹さん、脱フリーター社会―大人たちにできることなど経済関係の著書の多い橘木 俊詔さん4人の対談が治められている第一部と橘木 俊詔さんが平等・不平等の問題を理論的・実証的に分析した第2部で構成されています。

「一億総中流社会」時代は終わり、日本は今アメリカ型の格差の大きい社会へと向かっています。
格差が広がりつつあるのに日本の「機会不平等」は目を背けられ「封印」されてきていました。
不平等をめぐる今の日本社会の奇妙な「真空状態」「さわりたくなさ」の正体を探ります。


天国の階段

天国の階段 (上)天国の階段 (下)



「天国の階段」はチョンソ(チェ・ジウ)が自分がジョンソである事を思い出してドロドロさが増してきました。
韓国ドラマお約束の交通事故。5年前に轢かれて記憶をなくした義妹にまた車に轢かれて記憶を取り戻す。なんてあんまりの展開。

事故を起こした事に気付いて一旦車を降りて「大丈夫ですか?」と声をかけたものの、相手が義姉だとわかって怖くなって逃げ出すなんて・・
「運転者自身の判断で、負傷は軽微であるから救護の必要はないとして現場を立ち去った場合でも、ひき逃げ事故として同様に罰せられる」って教習所で習わなかったの?
http://www.jaf.or.jp/qa/answer/accident/acci1.htm
ひき逃げは5年以下の懲役又は50万円以下の罰金・違反点数23点の重罪だよ。
http://www.hou-nattoku.com/special/car/doko1.php

これが日本のドラマだったらテレビ局に苦情電話かけます(笑)
このご都合主義が今の日本のドラマにない味付けでファンが多いんでしょうね。
だけど、韓国交通事故多すぎ!!

生協の注文書を見てたら、ドラマの中のキーアイテム「パーフェクトラブペンダント」が載ってました。
税込み14490円。案外安いんですね。
<リング>シルバー925キュービックジルコニア4石
<ハート>シルバー925・キュービックジルコニア17石
楽天でも「天国の階段」ジュエリー ラモールエターナル インターネット公式ショップ ドリームセブンにて取り扱ってます。
【天国の階段】ネックレス


ショップフィールド

携帯グッズの専門店ストラップや

TRXY3

アウトレットミスターマックス

ジュエルPOPS

エクセルブランドショッピング

クレイモア

税込み・税別・送料込み・送料別など各店表示が違うので注意してください。


« December 5, 2004 - December 11, 2004 | Main | December 19, 2004 - December 25, 2004 »

お気に入り











June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資