Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« 主夫のたしなみ | Main | 「お宝」新札を不正入手した職員はクビじゃないの? »

「憂える」=「喜ぶ」!?/短大生35%中学生レベル

「日本語力」低下 4年制私大、国立さえ… 「留学生以下」お寒い大学生

大学生の「日本語力」が低下し、中学生レベルの国語力しかない学生が国立大で6%、四年制私立大で20%、短大では35%にのぼることが独立行政法人「メディア教育開発センター」(千葉市)の小野博教授(コミュニケーション科学)らの調査で分かった。「憂える」の意味を「喜ぶ」と思いこんでいる学生が多いなど、外国人留学生より劣る実態で、授業に支障が出るケースもあるという。同教授は「入学後の日本語のリメディアル(やり直し)教育が必要」と指摘する。
調査は十六年度に入学した三十三大学・短大の学生約一万三千人を対象に、中一から高三相当の問題を盛り込んだテストを行い、十四年度に中高生に実施したテスト結果と照らし合わせてレベルを判定した。
 その結果、中学生レベルと判定された学生は、五年前に行われた調査と比較して、国立大が0・3%から6%、私立大が6・8%から20%、短大が18・7%から35%と、数年間で大きく増加していることが分かった。
 テストでは「憂える」の意味を問う設問で、「中学生レベル」と判定された学生の三人に二人が「うれしい」に音感が近いためか「喜ぶ」を選択。「大学生レベル」とされた学生の中でも正答率は50%にとどまり、文字通り“憂える”結果となった。
 「懐柔する」は「賄賂(わいろ)をもらう」を選ぶ学生が多く、「大学レベル」の学生でも正答率は46%にとどまった。
 このテストでは、外国人留学生でも大学院生はほぼ全員が「高校レベル」をクリアしており、「留学生より日本語ができない学生が、相当数いるのが実情」(小野教授)という。
 国語力が低下した原因として、小野教授は「少子化のため、自己推薦など試験が必要ない入学や全員入学・定員割れが増加したことが日本語力の低下を招いている」とし、「入学後の早い時期に授業が理解できる高校生レベルまで、日本語力を伸ばすことが必要」とし、リメディアル教育の必要性を提言。
娘に聞いてみたら「憂える」=「嬉しい」が間違いという事はわかったけど、「憂える」の意味は答えられなかった(^_^;)
「『憂慮する』って意味だよ」って言ったら「あ〜、そんな字書くね」だって。
やっぱり日本語力低下してますよね。

例題の中の「懐柔する」=「賄賂(わいろ)をもらう」は今の日本の現状を見てると、あながち間違ってないと思うけどね。
「露骨に」は「下品に」か「あらわに」か真剣に悩んだ。

« 主夫のたしなみ | Main | 「お宝」新札を不正入手した職員はクビじゃないの? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33890/2050231

Listed below are links to weblogs that reference 「憂える」=「喜ぶ」!?/短大生35%中学生レベル:

« 主夫のたしなみ | Main | 「お宝」新札を不正入手した職員はクビじゃないの? »

お気に入り











August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資