Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« ジャンバラヤ | Main | 驚くべきバカ生徒・バカ親 »

教師カンカン物語・あなたはバカ親?

フジテレビで放送された「現役500人大告白!! 教師カンカン物語 先生だって人間なんだスペシャル」では、日頃意見を言えない先生たちが、子供を学校に通わせる芸能人PTA軍団を相手に本音&不満を大告白!!
というタイトルが気になったので見てみました。

■ビキニで教室を歩く非常識生徒に、先生唖然!
■生徒からの陰湿なイジメに身も心もボロボロになる先生。
■携帯電話で授業参観を撮影するバカ親!
など、先生方の証言を元に再現VTRを制作。

最近は呆れた生徒や親が多くて先生も大変なのは知ってたけど、今回の番組は教師側の立場で作りすぎのような気がしました。
長時間労働で大変だって言うけど、一生懸命やってる先生はやってるけど税金泥棒のような教師が多い事を誰よりも教師が知っているはずなのにその点については触れられないまま。
ストレスで病気休職をとる教師が増えてる「教師は重労働」って言うけど「病気休職を繰り返している間に10回も海外旅行に行った教師」っていませんでしたっけ?
他にも小学校2年生を5日間も立たせたまま授業をした小学校教諭とか『「外国人の血が混じっていてけがれている「お前は早く死ね。マンションから今日飛び降りろ」などと言った教師とかいませんでしたっけ?

番組内で実施された「バカ親チェック」
1・授業参観で携帯電話で子供の写真撮影をした事がある
2・修学旅行の小遣いを決められた額以上渡した事がある
3・若い男性教師を誘惑した事がある
4・子供が宿題に悩んでいると、つい手助けしたことがある
5・学校の先生に付け届けをした事がある
6・学校で集団登校をさせているのに、自分の子供だけ送り迎えをした事がある
7・子供の前で先生の悪口を言った事がある
8・学校からの連絡プリントを全部読まなかった事がある
9・似合っていれば髪型は自由で良いと思う
10・学校での体罰はやめて欲しいと思った事がある

さて、あなたはいくつ当てはまりましたか?

« ジャンバラヤ | Main | 驚くべきバカ生徒・バカ親 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

米百俵さん おはようございます。
「ジャンバラヤ」で中学・高校を担当している頑固親父です。
残念ながら、この番組は知りませんでした。
発言の機会を与えるというのは良いのですが、むしろ、普段の環境で「言いたいことが言えない」方が問題ありです。結局、親も先生も不信感を持っているからお互いを信頼出来ず、本音でぶつかれないという事の証明。
 行く付くところは「お互い様」なので、結局、お互いに別々な所で勝手に意見を述べても「堂々巡り」「卵が先か、鶏が先か」の低次元の争いを生むだけです。
 まずは「己の問題点を理解」したうえで、「建設的な意見」を、どう提案し、改善して行くか? なぜ、「悪循環」から脱却できないのか、相手を批判する前に、自分達が変化しようよ! というのが頑固親父が「ジャンバラヤ」に期待し、望む物です。

コメントありがとうございます。
現場の先生の多くは熱心で大変苦労していると思っています。
そして忙しい・・・
何故あんなに忙しいのかと思うほど忙しい。
それも肝心の生徒指導や授業の準備の為でない事で忙しい。
先生方はどうして忙しいのか、わかっているはずなのに教師同士の話で終わってしまうから全く改善されない。
教師の仕事に余裕ができて、生徒の指導や授業準備に割く時間が増えるのなら親は業務の改善に賛成するんですけどね。
学校現場には私などは計り知れない闇があると感じます。闇の部分も含めてオープンに保護者・教師が話し合える雰囲気を作らないと悪循環から抜け出せないと思っています。

こんばんわ
今日、娘がお世話になった学校の学園長先生のお通夜に行ってきた。92才。伊澤やゑ子先生、お疲れ様でした。
 さて、通夜の席で懐かしい顔ぶれに沢山お会いした。定年退職された中学校の教頭先生を始め、転出された先生方。すでに私も娘が卒業しているので、お互いに「お世話になった学校」とは、すでに無関係な立場になっている。そこで、お互いに「聞けなかった話」が飛び交うことになった。特に「元教頭」からは、かなり貴重な話が聞けた。個人的な意見や見解も聞けた。
なかなか学校を取り巻く環境は、複雑怪奇だ。聞けば聞くほど「なるほど、在学中には言えないですよね!」という内容が盛り沢山。もっとも、頑固親父が口が堅いのを承知してくれているので話してくれているのだが。 でも、もっとたくさん「言えない話」があることだろう。
教育界に明るい光が差し込むのは、いつごろなのだろうか。

>なかなか学校を取り巻く環境は、複雑怪奇だ。聞けば聞くほど「なるほど、在学中には言えないですよね!」という内容が盛り沢山
その貴重な話をぜひ聞きたいけど、頑固親父さんが口が堅いと承知で話してくれた話ですから無理ですね。

私のような者でも現場教師の裏にある得体の知れない物の大きさを感じました。「もっとたくさんの言えない話」があるんだと思います。教師VS保護者でなく、後ろに隠れている教育界の複雑怪奇なシステムを表に出して国民全体として考えていかなくてはいけないと思っています。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33890/1301027

Listed below are links to weblogs that reference 教師カンカン物語・あなたはバカ親?:

« ジャンバラヤ | Main | 驚くべきバカ生徒・バカ親 »

お気に入り











May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資