Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

Main | June 2004 »

立ち読みした本

「インターネットマガジン」7月号を立ち読みしてきました。
成果はサイドバーのblog pet こうさぎを見てください。
まだ背景が貼り付けられないけど、まだblogRSSの意味がわからなくて言葉を覚えさせられないけど・・・初心者の私にはすごい進歩なんです。(自画自賛)

郵便局もたいへんだぁ

今日の郵便物と一緒に緑色の小さなチラシが入っていました。
何かと思ったら郵便局が「荷物をとりに伺います」というチラシでした。
「忙しくて郵便局へいけない」「個数が多くて運ぶのが大変」そんな時は集荷サービスをご利用下さいと、フリーダイヤルの番号が書いてありました。

郵便配達のついでに配るだけだから一見簡単そうだけど、チラシ配りって意外と手間がかかるんですよ。
宅配便業者との競争で郵便局も頑張っているんですね。

郵便局の定形外に対抗してクロネコメール便が事前契約不要になりました。

つぶれない程度に、またどこか一つが一人勝ちしない程度に競争してサービスを良くしてくれるといいですね。

リクエストした本

「誰でもできるウェブログホームページ」という本をリクエストしてきました。

「インターネットマガジン」6月号もリクエストしてきました。今月号は「ブログのカスタマナイズ特集」だそうです。立ち読みしてこなくては・・・(まだそのレベルじゃないだろうというつっこみはご容赦ください)

ウェブログは今ブームですね。本を読んで勉強したいと思います。

結婚の条件

「結婚の条件」という本を読みました。

表紙のイメージから今話題の「負け犬の遠吠え」と同じような本かと思いましたが、こちらの方が面白かったです。

「VERY」「STORY」世代論から、ドラ娘「梅宮アンナ」まで、元々連載されたエッセイだったそうで、どこからでも読みやすいです。

はじめてのウェブログ超入門

松永英明さんよりご紹介のありました「初めてのウェブログ超入門」が面白そうだったので、図書館でリクエストを出してきました。
びんぼ〜なので「購入します!」と言えなくてごめんなさい。
図書館で借りられたらじっくりと読みますね。
松永英明さんのホームページはこちら

ついでにブックオフを見ていて「アフィリエイトで始める!儲かるネット通販」という本を買ってしまった。


高収入とはいかないまでもお小遣い程度かせげたらいいな〜。

電池が切れるまで

昨日放送されたテレビ朝日「電池が切れるまで」は考えさせられることが多かった。

ミーハーにもカンヌで主演男優賞を取った柳楽優弥君が出演しているというので見てみたのだが引き込まれてしまった。(テレ朝のトップページから「電池が切れるまで」にいくと、「カンヌで主演男優賞受賞」と出るから局もミーハー狙いなんだろうけどね。今回どれくらい視聴率上がったんだろう?)

内容は、新しく赴任してきた院内学級の先生がスパルタ教育で主人公の財前直美と教育方針で激突。
その時タ退院が決まった子供が膝が痛いと言い出すが、結果は「異常なし・心因的なものが原因」と言う。
子供が語った退院の不安は、「長期入院している間に勉強が遅れてしまった。算数が全くわからない。このままじゃ学校へ戻れない」という物。
財前直美が算数の猛特訓をして、平均点より下回るものの「授業がわからない」事が無い程度の学力をつけて退院させる。スパルタ教師は夏休みの補習の手配もしていてくれた。

厳しい指導で子供に嫌われる教師と優しい先生。
いったいどちらが、子供にとって「いい先生」なんだろう。と考えさせられた。

ガビ〜ン!大学受験にかかる経費だけで100万円!!

地域のミニコミ紙に載っていた「教育費事情」は衝撃的だった。

今年大学受験を経験した方の体験記なのだが、第一志望が国立A大学第二志望が私立B大学第三志望が私立C大学。みごと全部合格したとの事だが、受験と合格発表は私立C大学私立B大学国立A大学の順で行われ、B大学の発表をまたずにC大学の入学一時金28万円を納めなければならず、A大学の発表を待たずにB大学の入学一時金29万円を納めなくてはいけなかったそうだ。

俗に言う捨て金が57万円かかっている。

受験料はA大学はセンターと個別。B大学は1学科受験。C大学はセンター利用試験と2学科受験で合計15万7千円

その他に受験の為の交通費や宿泊費。願書や為替代など、細かい諸々を入れると入学前に100万円近くのお金が無くなったそうだ。

この方のお子様は優秀で3校受験ですんでいるが、もっと多くの学校を受験するお子さんは多い。
受験の前の塾・予備校に払う費用まで考えると大学受験の付帯経費はいったいいくらになるのかと思うと、暗澹たる気持ちになりました。

入る前にもかかる 入ってもかかる 教育費

読みたい節約本

長引くデフレスパイラルで世は節約ブーム。不動産や株に投資するよりも「節約」して貯蓄を増やすほうが堅実だと、一番儲かるのが「節約評論家(?)」というご時勢です。

節約本百花繚乱なれど、今読みたいライターは「我妻との闘争」を書いた呉エイジさんの奥さんと「年収300万円時代を生き抜く経済学」を書いて長者番付に載った森永卓郎さんの奥さんです。

呉さんはホームページ作成とマックに魅入られたサラリーマン。月2万円のお小遣いでマックのスペックアップに性を出す。かたや夢のマイホームの為に3人の子供を育てながら節約に励む良妻賢母。必死に節約しても金食い虫マックに惜しげもなく金を注ぎ込む浪費パパとの壮絶な戦いの節約本を書いて欲しいと思います。

森永さんはマスコミ・講演に引っ張りだこで年収数千万円。今年は著書がベストセラーになった事もあり「一度は乗ってみたかった長者番付」にも載ったお金持ち。
でも奥さんに渡している生活費は月15万円。「私は割引シールが張ってあるとすぐ欲しくなっちゃうけど、カミサンは安くても欲しくないものは買わない」と言う堅実な主婦。
家族4人の生活費が月15万円なのに、オークションで高いフィギアを買ったり、おまけ欲しさにコーラを箱買いしたりする浪費パパの手懐け方を伝授して欲しいと思います。

「節約しても貧乏くさいのは嫌」というおしゃれな節約本もいいけど、こういう血と汗のにじむような節約本も読んでみたいと思います。

blog互助会

リンクさせていただいている甲斐小泉さんとけり子さんとの話題ででるのは「blogってよくわからない?」という話。
「トラバックって?」「pingって?」「自分のログの保存ってどうするの?」「同じblogでどうしてこんなに違うの?センスの違い?」・・・と迷える者同士で「助け合い同盟」を結成して練習しようという事になった。
勝手に「blog互助会」と名前をつけてリンクを作ったので、「流行だからとblogをはじめたけど、よ〜わからん」という方は一緒に練習しませんか?

猫の目改革

絶対評価「5」にばらつき、学校間最大格差45倍

県立高校入試で「難問」。受験生の半分が0点


ため息の出るニュースが続いた。
どこの地域でも、学区撤廃や絶対評価の導入などで、受験生は振り回されているようだ。
教育委員会の打ち出す猫の目改革にはついていけない。

受験制度もそうだが、少子化などの影響で高校の統廃合や改革が進んでいる。
ムスコの学校も数年後に「単位制」に以降するそうだ。
公式ホームページもいつの間にか無くなり、個人情報流失が騒がれている時代に「連絡網」で緊急時の登校情報を流しているローテク学校が「単位制」にして生徒の履修単位を管理しきれるのだろうか?
まあ、わが子は卒業してしまうから関係ないけどね。

挫折した英語の本

BK1から新刊情報のメールが届きました。藤城真澄著「世界一簡単にハリー・ポッター5thが英語で読める本」です。

思い起こせば2年以上前「頑張って解読する」と言われ「ハリーポッターと炎のゴブレット」のペーパーバックを買いました。
すぐに挫折して「世界一簡単にハリー・ポッター4thが英語で読める本」も買いました。でもまたまた結局挫折。
2冊とも綺麗なままで本棚に並んでいます。
もったいないからアマゾンマーケットプレイスで売ろうかしら?

「ハリー・ポッターとフェニックス騎士団」ペーパーバックに挑戦したい方は只今予約受付中です。(7月発売予定)

キャッシング停止

友達からクレジットカードのキャッシング残高を0にする事ができると聞いて、早速実行してみました。

電話して「キャッシングできないようにしたい」と言うと、カード番号・生年月日・電話番号を言うと即OK。

カードは持たないのが一番でしょうが、最近はカード払いだと割引になるなどのサービスも多く、ネットを利用するとカードは必需品。


色々な犯罪が報道されるようになってきて、不安に感じていたので、せめてキャッシングだけでも利用できないようにしたいと思いました

華氏451 Fahrenheit 911

いや〜びっくりしましたね。カンヌ映画祭での史上最年少での最優秀男優賞に日本の中学生が受賞しました。
主演の柳楽優弥君は「電池がきれるまで」にも出演しているそうです。ミーハーとしては見てみなくてはいけません。

パルムドールはマイケル・ムーア監督の「華氏911」ブッシュ政権を批判した作品だそうです。
「華氏911」ってブラッドベリ?と思ったら、ブラッドベリは「華氏451」でした。ブラッドベリをパロった題名のようです。

本家の「華氏451」も見てみたくなりました。
ツタヤを探してみようかしら?

楽しく英語のお勉強

高校受験でも大学受験でも「英語」の成績は重要です。
「英語」が受験科目に無い学校は皆無といってもいいくらい少ないです。
英語の成績の良し悪しが受験の成否に大きく関わってきます。
ムスメは英語が苦手で大変苦労しました。
少しでも楽しく英語が勉強できたらと、英語に興味を持てそうな本を片っ端から図書館から借りてきたものです。
めったに本を買わない私が購入した数少ない本の一つが「ポップスで英文法を学ぶ」です。

紹介されている曲は

1 マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン
2 イマジン
3 チェンジ・ザ・ワールド
4 スタンド・バイ・ミー
5 夢のカリフォルニア
6 サウンド・オブ・サイレンス
7 ヒーロー
8 オールウェイズ・ラブ・ユー
9 ホテル・カリフォルニア

と誰でも一度は聞いた事のある有名な曲ばかり。著作権の関係か、付属CDが無いのが難点ですが、内容は英語に興味をもてる素晴らしいものでした。
ドケチの私はCDも図書館でリクエストしてMDに編集してオリジナルMDにして聞いていました。

行列のできるHP

プラスに変更したときに何か設定をいじってしまったらしく、せっかく訪れてくれた方に「トラバックできない」とご指摘をいただきました。
調べているのですが、まだわかりません。もうしばらくご勘弁ください。

無謀にも図書館で「ホームページリフォーム大作戦」とう本を借りてきました。
「リフォーム以前だろ!」という突っ込みはご勘弁ください。

必死に読んで勉強しております。
いつの日にか行列のできるホームページになる事を希望しています。

子供の英語教育

「わが子が英語がペラペラになったらいいな」と思う親御さんは多いと思います。
子供の英語教育は大ブーム。
その英語教育ブームに警鐘をならす本を読んでみました。
市川力さん著「英語を子どもに教えるな」です。
著者の市川力さんは13年間もアメリカに滞在し、1000人以上の「帰国生」に塾の先生として学習指導した経験から、「バイリンガル」に育てる事の難しさを強く訴えています。
英語がペラペラに話せても、話の内容がペラペラでは意味がないと改めて英語教育とは何かについて考えさせられました。

学生納付特例制度

相次ぐ未納議員の続出で政府は国民年金の時効を延長するそうだ。


遡って追納できるのはいいけど、金利はどうなるのか書いていない。
議員さんは、裕福だから金利など痛くも痒くもないだろうけど、庶民にとってはそうはいかない。

5月17日の読売新聞の記事で「学生納付特例制度」を利用して猶予してもらった国民年金保険料を後払いしようとすると2年を超えた分には金利がつくのだという。その金利なんと年4%!!(来年度以降は10年物国債金利に連動して1%)
社会保険庁のHPを見たけど、金利についての説明は書かれていない。
探し方が悪いのかと思って色々検索してみたが、金利について書かれているサイトにはヒットしなかった。

変わりに親が国民年金保険料を払うと社会保険料控除になるらしく、親の所得税や住民税が安くなるらしい。
ムスメの国民年金は「特例制度」を利用しようと思っていたが、色々調べて考えてみようと思った。

光熱費

昨日のテレビ東京「大丈夫!!我が家の財産」に出てきた節約主婦はすごかった。
電気・ガス・水道の光熱費が3つとも基本料の範囲内だって。

でもああいう番組や主婦雑誌に出てる光熱費ってイマイチ当てにならない。
昨日の家も水道料金が2ヶ月で3000円以下!
ガスと水道は地域差が大きいから値段じゃ比べられないんだよね。
我が家は水道料金は滅茶苦茶高いけど、ガスは安い。
だから水道の節約法は必死に考えるけど、ガスはわりとおおらか。
よく「ラップを洗って何度も使う」なんて節約方法が紹介されているけど、我が家の場合は逆効果になるような気がするので実施してません。
節約はその人のライフスタイルに合わせないとね。

全国の水道料金の地域格差はこちらをご覧下さい。

http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/jigyo/mp_s/data/k01-s7-5.pdf

自治体も倹約

来年の高校総体の開会式は初めて室内で開催と決まった。
「おらが県にはこ〜んな立派な設備があるんじゃけん!」と自慢したいから、室内開催に決まったのだと思っていたら、新聞の記事を読むと違うらしい。

県は本来総合運動場での開催を予定していたが、仮設トイレや仮設スタンドの設置に6億円かかる、室内開催にすると2億円ですんで、4億円も節約できるというのだ。
高校総体の開催基準では「開会式は原則として陸上競技場で」と規定されているが、県の危機的な財政状況を訴えて「事情があればやむを得ない」と認めてもらえたらしい。

炎天下で長時間立つ事もないし、雨の心配もしなくていい。
いい事ずくめのような気がするが、室内開催が好評だと今度は「高校総体の開会式を開催できるホールを建てよう」という本末転倒な「ハコもの行政」をする自治体が出てこないか心配だ。

blogを始めてみた

流行だというのでblogを始めてみた。
タグもしらんくせに、「よ〜やるよ」と我ながら思う。
いつまで続くかわかりませんが、よろしくお願い致します。

題名の「米百俵」は覚えていらっしゃるでしょうか?
平成13年(2001年)5月13日、小泉首相が所信表明演説で引用して話題になった故事です。
「今食べる米でなく、明日を担う子供達の為に教育を・・」という話だと私は思ったのですが、その後の小泉さんの打ち出した政策は、日本育英会も国立大学も独立行政法人となり民間企業となりました。
「ゆとり教育」という名の新学習要綱は「学力低下」の不安をまねき、不景気でも私立学校・塾は大繁盛。
あれれ、「孫子の代に負債を残さない為の構造改革じゃなかったの?」
私の読解力がないのかしら?

「米百俵」の故事は長岡市役所のホームページに詳しく紹介されています。興味のある方はご覧下さい。

Main | June 2004 »

お気に入り


  • 楽天">








April 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資

  • ">